News

100万の生物種が絶滅の危機に

Nature ダイジェスト Vol. 16 No. 8 | doi : 10.1038/ndigest.2019.190809

原文:Nature (2019-05-06) | doi: 10.1038/d41586-019-01448-4 | Humans are driving one million species to extinction

Jeff Tollefson

国連の痛烈な報告書により、人間の活動が急速に世界中の生態系を脅かしていることが明らかになった。

汚染と気候変動によって、動植物の生息地となるサンゴ礁などの場所が大きな被害を受けている。 | 拡大する

THE OCEAN AGENCY/XL CATLIN SEAVIEW SURVEY

地球の生態系の現状に関するこれまでで最も包括的な報告書によると、現在、100万種もの動植物が人間の活動の影響で絶滅の危機に瀕していて、その多くは数十年以内に絶滅するだろうという(2015年3月号「地球上の生物――その現状は?」参照)。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度