News

免疫療法に反応しやすい腫瘍を見分ける方法

Nature ダイジェスト Vol. 16 No. 4 | doi : 10.1038/ndigest.2019.190402

原文:Nature (2019-01-14) | doi: 10.1038/d41586-019-00143-8 | Highly mutated cancers respond better to immune therapy

Heidi Ledford

免疫療法を受けた患者の全生存期間の延長と、腫瘍変異量の高さに関連が見いだされた。だが、臨床でそれを調べるには課題が多い。

拡大する

STEVE GSCHMEISSNER/SCIENCE PHOTO LIBRARY/Science Photo Library/Getty

多数のDNA変異がある腫瘍は、変異が少ない腫瘍よりも、チェックポイント阻害剤による免疫療法に良好な反応を示し、免疫療法を受けた人の生存期間の延長と関連することが示唆された。一連の証拠は2019年1月14日に、Nature Genetics で発表された1。だがこの研究結果は、このような手法を信頼できる検査として臨床へ橋渡しすることの難しさも浮き彫りにした。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度