Japanese Author

加熱しても冷却してもできる超分子ポリマー

宮島 大吾

Nature ダイジェスト Vol. 14 No. 9 | doi : 10.1038/ndigest.2017.170915

プラスチックなどポリマーは温度が上昇するとバラバラになるという常識を覆し、加熱すると結合(重合)する「超分子ポリマー」の開発に、理化学研究所の宮島大吾上級研究員、相田卓三グループディレクターらの研究チームが成功した。分散した状態で冷却しても同様の重合が見られ、新たな材料開発に道を開くものとして注目される。6月26日付Nature Chemistry電子版に掲載された1。開発の背景、今後の研究の方向性などについて、研究を中心となって進めた宮島上級研究員に聞いた。

–– まずは、研究の背景について教えてください。

宮島: 身の回りを見渡すと、プラスチックなど高分子が重合した製品があふれています。我々の研究室は、今までにない新しいポリマー(有機高分子化合物)の開発に挑戦しています。ポリマーは、それを構成するモノマーが共有結合という強い力で数珠のようにつながって形成されます。一方、30年ほど前に、モノマー同士が水素結合などの弱い力でくっつく「超分子ポリマー」という新しい高分子が開発されました。従来のポリマーの共有結合より、かなり弱い力で重合したものです。私たちは超分子ポリマーの、従来のポリマーにはない性質に注目し研究を行ってきました。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度