目次

Volume 12 Number 72015年7月号

ヒト胚ゲノム編集の波紋

ゲノム編集と呼ばれる手法を使えば、生命の設計図であるゲノムを1塩基単位で思い通りに書き換えることが可能だ。この技術には農畜産業から医療に至るまで幅広い分野から期待が集まっているが、ヒト受精卵の遺伝子改変を行ったという論文が4月に発表され、物議を醸している。遺伝子改変された受精卵はいずれ生殖細胞にも分化するからだ。後世に影響を及ぼすことから議論が沸騰しているが、どんな遺伝子改変なら問題がないのか、現時点では明確な規定がない。同号に、ヒトの遺伝子治療に使える小型Cas9ヌクレアーゼの発見についても掲載した。この技術の臨床応用が近いことは明らかだ。

特別公開記事Free access

統計学的に適切な動物実験計画を立案すべし

統計学的に適切な動物実験計画を立案すべし

動物実験の検出力を確実なものとするために、統計学に基づいた実験計画立案が研究者に求められている。その実現には、研究機関をはじめとするさまざまな支援が必要だ。

ネオニコチノイド系農薬の危険性をめぐる議論は次の段階に

ネオニコチノイド系農薬の危険性をめぐる議論は次の段階に

ネオニコチノイド系農薬がハチに及ぼす脅威が、より明確になってきた。

PR

Research Highlights

抗生物質に曝露されていない民族の腸内に耐性菌

抗生物質に曝露されていない民族の腸内に耐性菌

ベネズエラの孤立民族、ヤノマミ族(写真)は、ヒトのマイクロバイオームについて報告された中で最も多様な腸内細菌を持っていることが明らかになった。

News

欧州最古の現生人類化石、4世代前にネアンデルタール人と混血か?

欧州最古の現生人類化石、4世代前にネアンデルタール人と混血か?

ルーマニアで出土した4万年前の下顎骨のゲノムが解析され、この現生人類の4~6世代前の祖先にネアンデルタール人がいたことが分かった。これまで混血が起こったのは中東でのみだと考えられていたが、 今回の研究結果で欧州においても起こっていた可能性が高まった。

欠陥ミトコンドリアを破壊し、疾患を防ぐことに成功

欠陥ミトコンドリアを破壊し、疾患を防ぐことに成功

マウスでの実験段階だが、欠陥のあるミトコンドリアDNAをゲノム編集技術を使って選択的に破壊する手法が開発された。ミトコンドリア置換などの「三親胚」に代わる選択肢となるかもしれない。

腫瘍で見つかる変異の30%以上は正常細胞にも見つかる

腫瘍で見つかる変異の30%以上は正常細胞にも見つかる

効果的ながん治療を選択するためには、腫瘍組織と正常組織をセットで検査し、変異の重要性を見極めることが必要だと示唆する研究結果が報告された。

ニワトリ胚で恐竜の顔を再現

ニワトリ胚で恐竜の顔を再現

鳥類進化におけるくちばし誕生の謎に迫ろうと、発生中のニワトリ胚で恐竜のような鼻面を作る試みがなされた。

より小さなCas9酵素を発見

より小さなCas9酵素を発見

黄色ブドウ球菌のゲノムから、より小さなCas9酵素が発見された。 このCas9ならば臨床で使われる遺伝子治療用のベクターに組み込めることから、CRISPRによるゲノム編集でヒトの遺伝性疾患を治療できる可能性が高まった。

ヒト胚ゲノム編集の波紋

ヒト胚ゲノム編集の波紋

ヒト胚の遺伝的改変を行った研究が報告されたが、その倫理的問題に関しては科学者の間にも意見の食い違いがある。

最古の石器を作ったのは誰?

最古の石器を作ったのは誰?

トゥルカナ湖西岸で、これまでに発見された中で最古の石器が出土した。330万年前のものであることから、ヒト属出現以前に石器文化が存在していた可能性が高まった。

ニューロンの百科事典作成計画が始動

ニューロンの百科事典作成計画が始動

アレン脳科学研究所が、ニューロンのカタログを作るという大規模な計画を発表した。

News Features

輸血を減らして命も救う

輸血を減らして命も救う

輸血は、今日の医療で最も過剰に行われている治療の1つであり、その費用は数千億円に上る。研究者たちは輸血を減らす方法を模索している。

がん遺伝子産物Rasへの再挑戦

がん遺伝子産物Rasへの再挑戦

発がんに大きく関わるRasタンパク質。これを標的とする治療薬は、30年に及ぶ探求にもかかわらずまだ見つかっていない。だが、実験手法が進歩したことで、この強敵からいったんは遠ざかった研究者が再びこの分野に参戦するようになってきており、新たな切り口でRasに挑み始めている。

Japanese Author

細胞が重力でつぶれない仕組みを発見

細胞が重力でつぶれない仕組みを発見

体が扁平になる奇妙なメダカの変異体が発見された。どうして扁平になるのか — 10年余りにわたる探索の結果、ようやくその謎が解かれた。普通のメダカの細胞には、重力に押しつぶされないような仕組みが働いていたのだ。その仕組みが存在しなかったら、ヒトはもちろん地球上の生物の大部分は、今の形をしていなかったかもしれない。

News & Views

2D半導体薄膜の大面積成長

2D半導体薄膜の大面積成長

原子3個分の薄さの遷移金属ダイカルコゲナイド半導体層を、4インチウエハースケールで均一に成長させることに成功。電子機器の究極の小型化実現が、また一歩近づいた。

非コードRNAに、ペプチドがコードされていた!

非コードRNAに、ペプチドがコードされていた!

マイクロRNA配列の前駆体の非コード領域にペプチドがコードされていることが分かり、新しい遺伝子調節段階が明らかになった。遺伝子の間にある「がらくた」配列は、がらくたではないのかもしれない。

News Scan

腸内細菌がワクチン増強

腸内細菌がワクチン増強

ワクチンの効果に個人差があるのは腸内細菌の違いが一因らしい。

Nature Highlights

Nature 2015年5/7〜5/28号のハイライトを掲載しています。

2015年5月7日号

2015年5月14日号

2015年5月21日号

2015年5月28日号

「Journal home」へ戻る

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度