目次

Volume 11 Number 112014年11月号

物理学賞は青色LEDを開発した3人に

2014年のノーベル物理学賞は、窒化ガリウムによる高輝度青色LEDを開発した3人の研究者に贈られることになった。赤﨑勇・名城大学教授、天野浩・名古屋大学教授、中村修二・カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授の各氏だ。日本生まれの高輝度LEDは、その電力消費量の少なさと耐久性の高さから資源保護につながる発明であると評価され、スウェーデン王立アカデミーは「21世紀はLEDによって照らされる」と賞賛した。Nature ダイジェストでは、この受賞理由を別の視点から解説する。

目次

特別公開記事Free access

羨望を集める日本の幹細胞臨床研究

羨望を集める日本の幹細胞臨床研究

iPS細胞から作成された網膜の移植手術が、世界に先立って日本で行われた。他の国々でも、研究者たちがiPS細胞治療の臨床研究へのゴーサインを今か今かと待ちわびている。

Editorial

研究・教育目的のドローン利用への不当な規制に声を上げよう

研究・教育目的のドローン利用への不当な規制に声を上げよう

ドローン(無人で飛行できる航空機)は、犯罪捜査から配達まで生産性をますます高める手段として人気を集めている。だが米国では、研究者によるドローンの利用が連邦政府機関によって規制されており、ドローンの前途が危うくなっている。 科学コミュニティーは、この状況を変えるチャンスが残っている間に明確な主張をすべきだ。

News in Japan

物理学賞は青色LEDを開発した3人に

物理学賞は青色LEDを開発した3人に

2014年のノーベル物理学賞は、窒化ガリウムによる高輝度青色LED(発光ダイオード)を開発した3人の研究者に贈られることになった。赤﨑勇・名城大学教授、天野浩・名古屋大学教授、中村修二・カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授の各氏だ。

News

血液から病原体を除去できる人工脾臓

血液から病原体を除去できる人工脾臓

脾臓を模した人工浄化装置が開発され、実際に細菌に感染させたラットに使うと生存率が改善した。数年以内にヒトへの応用が実現する可能性がある。

被写体に触れていない光で写真を撮る

被写体に触れていない光で写真を撮る

「量子もつれ」を使って、被写体を照らしていない光でその画像を得ることに成功した。

「泳ぐ恐竜」スピノサウルス

「泳ぐ恐竜」スピノサウルス

背に巨大な「帆」を持つ肉食恐竜スピノサウルスは、半水生恐竜として太古の水辺を支配していた。

人体の常在細菌叢は薬の宝庫

人体の常在細菌叢は薬の宝庫

ヒトに棲み着いている細菌ゲノムデータから、新規の抗生物質が発見された。

ネアンデルタール人が絶滅したのは4万年前

ネアンデルタール人が絶滅したのは4万年前

ネアンデルタール人が欧州から消えた時期は定説よりもはるかに早かったことが、改良型の放射性炭素年代測定法により明らかになった。

遺伝子組換えユーカリの承認を検討するブラジル

遺伝子組換えユーカリの承認を検討するブラジル

ブラジルで承認されれば、いずれ熱帯・亜熱帯地方全域でこの樹木の大規模栽培が行われるようになると考えられ、事態の成り行きに注目が集まっている。

3000万人参加のアスピリン調査が米国で始まる

3000万人参加のアスピリン調査が米国で始まる

米国で、ビッグデータ医療ネットワークを利用する臨床研究が始動した。

オープンアクセス誌要覧サイトが、登録要件を厳格化

オープンアクセス誌要覧サイトが、登録要件を厳格化

代表的なオープンアクセス誌要覧サイトDOAJが、厳しい登録基準を新設した。悪質なジャーナルの排除が目的だ。

News Features

南極大陸の秘密の湖

南極大陸の秘密の湖

南極大陸の氷床の表面下800mにある氷底湖から採取したサンプルに数千種類の微生物が含まれていることが明らかになった。未知の巨大な生態系の存在が示唆される。

夢の化学者ロボット

夢の化学者ロボット

どんな有機化合物でも自動で合成できる合成ロボットがあったら、化学は大きく変わるだろう。そんなロボットを作ろうと競争が始まっている。

Japanese Author

定量的なプロテオミクス技術の開発─挑戦的な研究テーマが10数年越しに結実

定量的なプロテオミクス技術の開発─挑戦的な研究テーマが10数年越しに結実

「そんなやり方は、クレイジーだ」と言われたこともある。それでも、ひるまなかった。技術革新が科学を進めると信じる強い気持ちと、積み上げた実験結果で、タンパク質の包括的定量技術の開発に成功した。その10数年越しの研究を、中山敬一教授(九州大学生体防御医学研究所)が初めて語る。

News & Views

歯の構造の進化を<i>in vitro</i>で再現

歯の構造の進化をin vitroで再現

モルフォゲンであるEDAタンパク質を欠損したマウスには、正常な構造の歯が生えない。EDA欠損マウスの胎生期の歯にEDAを加えて培養すると、EDAの量に応じて、歯は進化の過程をたどり、マウス本来の構造に戻ることが示された。

狙いどおりのナノチューブに成長する「種」

狙いどおりのナノチューブに成長する「種」

1種類の単層カーボンナノチューブ(SWCNT)のみを選択的に合成できる技術が開発された。この方法を利用すれば、あらゆる種類のナノチューブを純粋な形で得られるようになるかもしれない。

News Scan

スケスケ科学

スケスケ科学

ネズミの体を透明にする新技術

大型動物ががんを抑える方法

大型動物ががんを抑える方法

ウイルスのゲノム侵入を抑えているようだ

Nature Highlights

Nature 2014年9/4〜9/25号のハイライトを掲載しています。

2014年9月4日号

2014年9月11日号

2014年9月18日号

2014年9月25日号

「Journal home」へ戻る

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度