Nature ハイライト

免疫学:FATP2による多形核骨髄由来免疫抑制細胞の調節

Nature 569, 7754

好中球は病原体から体を守るのに重要な働きをするが、がんの際には免疫抑制や腫瘍促進という性質を獲得する。D Gabrilovichたちは今回、脂質輸送体である脂肪酸輸送タンパク質2(FATP2)が、好中球の多形核骨髄由来免疫抑制細胞(PMN-MDSC)への再プログラム化に重要な役割を担っていること、それがアラキドン酸の取り込みとプロスタグランジンE2(PGE2)の合成促進を介して起こることを明らかにした。この輸送体を阻害すると、マウスでは腫瘍進行が遅くなる。この知見は、より有効性の高いがん治療法の開発につながるかもしれない。

2019年5月2日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度