Nature ハイライト

天文学:連星中性子星合体の印かもしれないX線トランジェント

Nature 568, 7751

継続時間の短いγ線バーストは、連星中性子星の合体に伴う。そうした合体のいくつかは、安定な高速回転する中性子星、つまり「マグネター」を残すことがあり、高速X線トランジェントは、マグネターが形成された証拠である可能性がある。最近、チャンドラ・南ディープフィールドサーベイにおいて、チャンドラX線天文衛星により矮銀河を伴う高速X線トランジェントが発見された。残念なことに、この銀河の赤方偏移は決定されておらず、このトランジェントの説明としては複数の可能性が残っている。今回Y Xueたちは、同一領域に第2の高速X線トランジェントを発見し、母銀河の赤方偏移も決定できた。彼らは、このトランジェントの特性が、連星中性子星の合体で生じるミリ秒マグネターで最もよく説明できると主張している。こうした高速X線トランジェントの存在度の見積もりは、連星中性子星合体の割合と矛盾しない。

2019年4月11日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度