Nature ハイライト

分子生物学:IP6はHIV-1の集合と成熟を促進する

Nature 560, 7719

イノシトールヘキサキスリン酸(InsP6、別名IP6)はあらゆる哺乳類細胞に存在し、大量の負電荷を持つ化合物である。R Dickたちは今回、IP6がHIV-1のウイルス粒子の集合と成熟を促進する宿主因子であることを明らかにしている。機能実験と構造生物学の手法、分子動態シミュレーションとを組み合わせて用いることで、IP6がHIV-1の構造タンパク質であるGag六量体の中心に結合し、未成熟なHIV-1のGag格子の形成を促進することが明らかになった。成熟に伴いGagが分解されると別のIP6結合部位が露出し、成熟キャプシド格子の集合が促進される。

2018年8月23日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度