Nature ハイライト

がん:免疫療法に対する応答性の予測因子

Nature 554, 7693

免疫チェックポイント阻害は、いくつかの種類のがんの治療で臨床的な有望性を示しているが、その応答を決定する因子についてより明確に示す必要がある。S Mariathasanたちは今回、転移性尿路上皮がんの患者において、特異的な免疫細胞の表現型およびネオアンチゲンの量の多さが、抗PD-L1薬であるアテゾリズマブ治療に対する良好な応答を予測することを明らかにしている。治療に対する応答性の欠如は、腫瘍微小環境の繊維芽細胞におけるTGFβシグナル伝達の増強と関連している。マウスモデルでTGFβ阻害と免疫チェックポイント阻害を組み合わせると、治療の抗腫瘍効果が高まるため、抗腫瘍免疫の微小環境調節因子を見つけ出し標的化することで、免疫療法の手法の範囲が広がる可能性が示唆された。

2018年2月22日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度