Nature ハイライト

Cover Story:特集:大人への道:青年期の科学

Nature 554, 7693

今週号では、ヒトの一生で最も誤解されている側面の1つである「青年期」を特集する。2本のNews Featureでは、危険を冒したがる傾向と反抗について神経科学的に探究し、青年期を定義する年齢の幅が広がりつつある現状に注目している。1つ目のCommentでは、発達心理学者のC Odgersが若者とデジタル技術の関係に取り組んでおり、2つ目のCommentでは、社会科学者のJ BoydenとR Blumが低所得や中所得の国々の青年期の日常生活を理解することの重要性を強調する。News & Viewsでは、青年期に神経接続の異常な剪定が起こると統合失調症になるとするFeinberg仮説を再評価する。そして、Careers Featureでは、ティーンエージャーに研究室での仕事を与える科学者を取り上げる。さらに、3編の論文では、青年期のいくつかのパラドックスが検討されている。小児科医R Dahlたちは、青年期を、身体的、認知的、社会感情的な急成長期とする証拠を再検討し、人類学者のC WorthmanとK Trangは、思春期の時期の歴史的変化、青年期の文化的定義とその影響の推移を分析し、疫学者のG Pattonたちは青年の健康に害を及ぼす要素がどのように次世代に影響を与え得るか調べている。これらの記事は、NatureおよびNature関連誌、姉妹出版物のScientific Americanの計10誌にわたる大規模な特集の一部である。(Introduction

2018年2月22日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度