Volume 27 Number 12

2021年を振り返る

今月号には、mRNAをベースとする治療薬の使用範囲の拡大についての報告が2つ掲載されている。A Augustたちは、mRNAを基盤とした治療薬がヒトで機能を持った抗体の発現を促進し、そのレベルはチクングニアウイルスをex vivoで中和できる程度になることを明らかにした。また、P LussoたちはHIV-1感染を防ぐためのmRNAワクチンプラットフォームを使って非ヒト霊長類で広域中和抗体を生成させ、それによって一部の動物では感染が防げたことを報告している。この方法を最適化すれば、有効な抗HIVワクチンにつながる可能性がある。

画像:Cognition Studio, Inc
表紙デザイン:Maria Spence
Articles p. 2224 & 2234

目次

注目のハイライト

その他のハイライト

Editorial

ワクチン開発には強い後押しが必要だ

Vaccine development needs a boost p.2051

doi: 10.1038/s41591-021-01633-x

Year in Review

News Feature

2022年の医学の進む方向を決めるかもしれない11の臨床試験

11 clinical trials that will shape medicine in 2022 p.2062

doi: 10.1038/s41591-021-01601-5

News & Views

COVID-19:客観的証拠に基づいて学校向けのCOVID-19ルールを作る

Evidence-based COVID-19 policy-making in schools p.2078

doi: 10.1038/s41591-021-01585-2

機械学習:医療で使われるAIには「人間が作り出したバイアス」という難問が潜んでいる

Rising to the challenge of bias in health care AI p.2079

doi: 10.1038/s41591-021-01577-2

骨髄増殖性疾患:進行した全身性肥満細胞症に対する適切なKIT阻害剤を見つけ出す

Finding the right KIT inhibitor for advanced systemic mastocytosis p.2081

doi: 10.1038/s41591-021-01588-z

感染症:HIV患者に希望をもたらすmRNAワクチン

mRNA vaccines offer hope for HIV p.2082

doi: 10.1038/s41591-021-01602-4

Review Article

エイズ:HIV治癒に関する研究は何を優先すべきか:国際エイズ学会世界科学戦略

Research priorities for an HIV cure: International AIDS Society Global Scientific Strategy 2021 p.2085

doi: 10.1038/s41591-021-01590-5

Brief Communications

がん治療:BCMAを標的とするCAR T細胞療法の後に見られた、パーキンソン症候群の特徴を伴う神経認知機能および運動機能の障害

Neurocognitive and hypokinetic movement disorder with features of parkinsonism after BCMA-targeting CAR-T cell therapy p.2099

doi: 10.1038/s41591-021-01564-7

インスリン:インスリンはヒト胎児発生中に腸内分泌細胞によって発現される

Insulin is expressed by enteroendocrine cells during human fetal development p.2104

doi: 10.1038/s41591-021-01586-1

COVID-19:BNT162b2ワクチンの接種およびブースター接種後のSARS-CoV-2デルタ変異株によるブレークスルー感染でのウイルス量

Viral loads of Delta-variant SARS-CoV-2 breakthrough infections after vaccination and booster with BNT162b2 p.2108

doi: 10.1038/s41591-021-01575-4

Articles

COVID-19:日本での学校閉鎖には2020年春のCOVID-19の拡大に対する因果効果は見られない

No causal effect of school closures in Japan on the spread of COVID-19 in spring 2020 p.2111

doi: 10.1038/s41591-021-01571-8

COVID-19:SARS-CoV-2の地域社会での発生率や死亡率に対する開校モデルの影響

The impact of school opening model on SARS-CoV-2 community incidence and mortality p.2120

doi: 10.1038/s41591-021-01563-8

COVID-19:英国での新規SARS-CoV-2感染に対してデルタ変異株がウイルス量とワクチン有効性へもたらす影響

Effect of Delta variant on viral burden and vaccine effectiveness against new SARS-CoV-2 infections in the UK p.2127

doi: 10.1038/s41591-021-01548-7

COVID-19:カタールのSARS-CoV-2デルタ変異株に対するBNT162b2ワクチンおよびmRNA-1273 COVID-19ワクチンの有効性

BNT162b2 and mRNA-1273 COVID-19 vaccine effectiveness against the SARS-CoV-2 Delta variant in Qatar p.2136

doi: 10.1038/s41591-021-01583-4

COVID-19:COVID-19ワクチン初回接種後およびSARS-CoV-2感染後に見られた神経学的合併症

Neurological complications after first dose of COVID-19 vaccines and SARS-CoV-2 infection p.2144

doi: 10.1038/s41591-021-01556-7

精神神経疾患:強迫性障害で行動マーカーと同期させた頭蓋内電気生理学的性質の長期的な生態学的評価

Long-term ecological assessment of intracranial electrophysiology synchronized to behavioral markers in obsessive-compulsive disorder p.2154

doi: 10.1038/s41591-021-01550-z

頭蓋内動脈瘤:PPIL4は脳の血管新生に不可欠であり、ヒトの頭蓋内動脈瘤に関与している

PPIL4 is essential for brain angiogenesis and implicated in intracranial aneurysms in humans p.2165

doi: 10.1038/s41591-021-01572-7

人工知能:医療サービスの不十分な患者集団で胸部X線写真に適用された人工知能アルゴリズムの過少診断バイアス

Underdiagnosis bias of artificial intelligence algorithms applied to chest radiographs in under-served patient populations p.2176

doi: 10.1038/s41591-021-01595-0

がん治療:進行した全身性肥満細胞症でのアバプリチニブの安全性と有効性:第1相EXPLORER 試験

Safety and efficacy of avapritinib in advanced systemic mastocytosis:the phase 1 EXPLORER trial p.2183

doi: 10.1038/s41591-021-01538-9

がん治療:進行した全身性肥満細胞症でのアバプリチニブの有効性と安全性:第2相PATHFINDER試験の中間分析

Efficacy and safety of avapritinib in advanced systemic mastocytosis: interim analysis of the phase 2 PATHFINDER trial p.2192

doi: 10.1038/s41591-021-01539-8

尿路上皮がん:進行した尿路上皮がんのアベルマブによる維持:第3相JAVELIN Bladder 100試験のバイオマーカー解析

Avelumab maintenance in advanced urothelial carcinoma: biomarker analysis of the phase 3 JAVELIN Bladder 100 trial p.2200

doi: 10.1038/s41591-021-01579-0

がん治療:転移性メラノーマでのニボルマブと組み合わせたIDO/PD-L1に対する免疫調節ワクチンの第1/2相試験

A phase 1/2 trial of an immune-modulatory vaccine against IDO/PD-L1 in combination with nivolumab in metastatic melanoma p.2212

doi: 10.1038/s41591-021-01544-x

チクングニア熱:チクングニアウイルスに対する中和活性を持つモノクローナル抗体をコードし、脂質でカプセル化されたmRNAの第1相試験

A phase 1 trial of lipid-encapsulated mRNA encoding a monoclonal antibody with neutralizing activity against Chikungunya virus p.2224

doi: 10.1038/s41591-021-01573-6

HIV:複数のクレードのenvgag VLP mRNAワクチンはマカクでtier-2 HIV-1中和抗体を誘導し、異種のSHIV感染のリスクを低下させる

A multiclade env-gag VLP mRNA vaccine elicits tier-2 HIV-1-neutralizing antibodies and reduces the risk of heterologous SHIV infection in macaques p.2234

doi: 10.1038/s41591-021-01574-5

「Journal home」へ戻る

プライバシーマーク制度