Nature Medicine 目次

Volume 25 Number 4

表紙について

非アルコール性脂肪性肝疾患は、脂肪肝から非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)までを含む一連の病気で、さらに肝硬変や肝細胞がんへと進行することもある。今回M Heikenwalderたちは、血小板に依存したNASHの発症機構を明らかにした。これを標的にすれば、脂肪肝からNASH、さらには肝臓がんへの進行を止められる可能性がある。表紙は、NASHの肝臓と分泌直前の顆粒を大量に含んだ活性化血小板の電子顕微鏡写真をベースとしたイラスト。


ARTICLE p. 641
画像著作権:Peter von Walter
電子顕微鏡画像著作権:Marco Prinz
表紙デザイン:Erin Dewalt

目次

注目のハイライト

その他のハイライト

Editorial

News Feature

未来の医師を訓練する—米国の医学教育で進行しつつあるラディカルな変革

Training the physician of the future p.532

doi: 10.1038/s41591-019-0354-1

News & Views

神経変性:成人のニューロン新生を見直す

A fresh look at adult neurogenesis p.542

doi: 10.1038/s41591-019-0408-4

卒中:脳卒中に対する脂質の相異なる影響

Divergent effects of lipids on stroke p.543

doi: 10.1038/s41591-019-0413-7

創薬:炎症性腸疾患治療のための新しい手法

A new approach for inflammatory bowel disease therapy p.545

doi: 10.1038/s41591-019-0416-4

Review Article

HIV:臨床における抗HIV-1広範囲中和モノクローナル抗体

Broadly neutralizing anti-HIV-1 monoclonal antibodies in the clinic p.547

doi: 10.1038/s41591-019-0412-8

Letters

ニューロン新生:成体海馬ニューロン新生は神経学的に健常な実験参加者では盛んに起こるが、アルツハイマー病患者では急激に減少する

Adult hippocampal neurogenesis is abundant in neurologically healthy subjects and drops sharply in patients with Alzheimer’s disease p.554

doi: 10.1038/s41591-019-0375-9

ニューロン異所形成:ニューロン異所形成症患者に由来するヒト脳オルガノイドで見られたニューロンの移動軌跡の変化

Altered neuronal migratory trajectories in human cerebral organoids derived from individuals with neuronal heterotopia p.561

doi: 10.1038/s41591-019-0371-0

脳卒中:中国人成人での虚血性脳卒中および脳内出血のリスクと血中脂質との因果関係

Causal associations of blood lipids with risk of ischemic stroke and intracerebral hemorrhage in Chinese adults p.569

doi: 10.1038/s41591-019-0366-x

肥満:セラストロールのレプチン感作や抗肥満効果にはIL1R1が必要である

IL1R1 is required for celastrol’s leptin-sensitization and antiobesity effects p.575

doi: 10.1038/s41591-019-0358-x

骨異形成症:ヒト骨異形成症でのマイクロRNA-140の機能獲得型変異

Gain-of-function mutation of microRNA-140 in human skeletal dysplasia p.583

doi: 10.1038/s41591-019-0353-2

免疫:ヒト新生児における母体由来抗ウイルス抗体のレパートリー

The repertoire of maternal anti-viral antibodies in human newborns p.591

doi: 10.1038/s41591-019-0392-8

黒色腫:スピッツ母斑様などの黒色腫で、臨床ゲノム塩基配列解読によって見つかった治療標的候補となる短縮型および融合型MAP3K8

Clinical genome sequencing uncovers potentially targetable truncations and fusions of MAP3K8 in spitzoid and other melanomas p.597

doi: 10.1038/s41591-019-0373-y

白血病:免疫関連のシグネチャーは造血細胞移植後の白血病の免疫回避と再発を誘導する

Immune signature drives leukemia escape and relapse after hematopoietic cell transplantation p.603

doi: 10.1038/s41591-019-0400-z

がん免疫:グルタミニルシクラーゼは、CD47-SIRPα軸の酵素性修飾因子であり、がん免疫療法の標的である

Glutaminyl cyclase is an enzymatic modifier of the CD47- SIRPα axis and a target for cancer immunotherapy p.612

doi: 10.1038/s41591-019-0356-z

がん治療:RAF→ MEK→ERKの阻害により引き起こされる保護的オートファジーによって示唆されたRAS誘導性がんに対する治療戦略

Protective autophagy elicited by RAF→MEK→ERK inhibition suggests a treatment strategy for RAS-driven cancers p.620

doi: 10.1038/s41591-019-0367-9

Articles

がん治療:ERK阻害とオートファジー阻害の組み合わせを膵臓がんの治療法とする

Combination of ERK and autophagy inhibition as a treatment approach for pancreatic cancer p.628

doi: 10.1038/s41591-019-0368-8

肝疾患:血小板GPIbαはNASHとそれに続く肝臓がんのメディエーターであり、また介入標的候補である

Platelet GPIbα is a mediator and potential interventional target for NASH and subsequent liver cancer p.641

doi: 10.1038/s41591-019-0379-5

がん治療:Siglec-15は免疫抑制因子で、がん免疫療法正常化のための標的候補である

Siglec-15 as an immune suppressor and potential target for normalization cancer immunotherapy p.656

doi: 10.1038/s41591-019-0374-x

がん/マイクロバイオーム:大腸がんデータセットのメタゲノム解析によって見つかったコホート横断的な微生物による診断マーカーとコリン分解とのつながり

Metagenomic analysis of colorectal cancer datasets identifies cross-cohort microbial diagnostic signatures and a link with choline degradation p.667

doi: 10.1038/s41591-019-0405-7

がん/マイクロバイオーム:糞便メタゲノムのメタ解析から明らかになった大腸がんに特異的な包括的微生物マーカー

Meta-analysis of fecal metagenomes reveals global microbial signatures that are specific for colorectal cancer p.679

doi: 10.1038/s41591-019-0406-6

腸疾患:MLCK1の細胞内転用は障壁喪失を回復させ粘膜恒常性を復活させる

Intracellular MLCK1 diversion reverses barrier loss to restore mucosal homeostasis p.690

doi: 10.1038/s41591-019-0393-7

「Journal home」へ戻る

プライバシーマーク制度