目次

Volume 25 Number 2

表紙について

小児期に失明するレーバー先天性黒内障を引き起こす最も一般的な分子機序は、光受容器の繊毛病(シリオパチー)である。今回A Cideciyanたちは、レーバー黒内障患者でのRNAアンチセンスオリゴヌクレオチドを用いた治療によって、繊毛病に関連する遺伝子のスプライシングが正常に戻り、安全性と有効性の面で期待できる結果が得られたことを明らかにした。また、これとは別の研究でM Maederたちは、レーバー先天性黒内障の遺伝子編集に基づく治療法を開発し、視力が回復することを前臨床モデルで明らかにしている。
Brief communication p. 225, Letter p. 229
表紙画像:COSMIN4000/ISTOCK/GETTY IMAGES PLUS
表紙デザイン:ERIN DEWALT

目次

注目のハイライト

その他のハイライト

Editorial

News Feature

News & Views

遺伝子治療:網膜ジストロフィーの遺伝子治療

Gene therapy for retinal dystrophy p.198

doi: 10.1038/s41591-019-0346-1

ワクチン:BCGの粘膜への投与で結核を予防する

Protection against tuberculosis by mucosal BCG administration p.199

doi: 10.1038/s41591-019-0347-0

神経変性:アミロイドやタウを超えるアルツハイマー病バイオマーカー

Biomarkers for Alzheimer’s disease beyond amyloid and tau p.201

doi: 10.1038/s41591-019-0348-z

がん免疫療法:チェックポイント遮断にもう1つ別の装備を追加する

Adding to the checkpoint blockade armamentarium p.203

doi: 10.1038/s41591-019-0350-5

Perspective

感染症:感染症管理のための高精度疫学

Precision epidemiology for infectious disease control p.206

doi: 10.1038/s41591-019-0345-2

Review Article

感染症:インフルエンザワクチンの現状と展望

Current and future influenza vaccines p.212

doi: 10.1038/s41591-018-0340-z

Brief Communications

がん:紫外線照射により誘導されたDNA損傷は黒色腫の転帰を予測する

Ultraviolet radiation–induced DNA damage is prognostic for outcome in melanoma p.221

doi: 10.1038/s41591-018-0265-6

黒内障:光受容器の繊毛異常によるレーバー先天性黒内障で硝子体内アンチセンスオリゴヌクレオチドが視力に及ぼす影響

Effect of an intravitreal antisense oligonucleotide on vision in Leber congenital amaurosis due to a photoreceptor cilium defect p.225

doi: 10.1038/s41591-018-0295-0

Letters

黒内障:レーバー先天性黒内障10型での視力喪失を遺伝子編集によって回復させる

Development of a gene-editing approach to restore vision loss in Leber congenital amaurosis type 10 p.229

doi: 10.1038/s41591-018-0327-9

サラセミア:輸血依存性βサラセミアの成人および小児の患者に対する骨内造血幹細胞遺伝子治療

Intrabone hematopoietic stem cell gene therapy for adult and pediatric patients affected by transfusion-dependent ß-thalassemia p.234

doi: 10.1038/s41591-018-0301-6

CRISPR–Cas9:ヒト成人集団内には化膿性連鎖球菌Cas9反応性T細胞が広く存在する

High prevalence of Streptococcus pyogenes Cas9-reactive T cells within the adult human population p.242

doi: 10.1038/s41591-018-0204-6

CRISPR–Cas9:Cas9タンパク質に対する適応免疫がヒトにすでに存在することの確認

Identification of preexisting adaptive immunity to Cas9 proteins in humans p.249

doi: 10.1038/s41591-018-0326-x

感染症:結核菌に繰り返し曝露されたアカゲザルでの局所的BCG投与による感染と疾患の予防

Prevention of tuberculosis infection and disease by local BCG in repeatedly exposed rhesus macaques p.255

doi: 10.1038/s41591-018-0319-9

再生医療:脊髄損傷修復のための3Dプリンター技術を使ったバイオミメティックな足場

Biomimetic 3D-printed scaffolds for spinal cord injury repair p.263

doi: 10.1038/s41591-018-0296-z

認知機能障害:血液脳関門の崩壊はヒト認知機能障害の早期バイオマーカーである

Blood–brain barrier breakdown is an early biomarker of human cognitive dysfunction p.270

doi: 10.1038/s41591-018-0297-y

アルツハイマー病:血清中ニューロフィラメントの動態は発症前アルツハイマー病での神経変性と臨床的進行を予測する

Serum neurofilament dynamics predicts neurodegeneration and clinical progression in presymptomatic Alzheimer’s disease p.277

doi: 10.1038/s41591-018-0304-3

がん治療:RAF阻害剤PLX8394はBRAF二量体とRASに非依存的でBRAF変異によって駆動されるシグナル伝達を選択的に阻害する

RAF inhibitor PLX8394 selectively disrupts BRAF dimers and RAS-independent BRAF-mutant-driven signaling p.284

doi: 10.1038/s41591-018-0274-5

脊索腫:脊索腫で見られるbrachyury転写因子依存性を小分子の標的とする

Small-molecule targeting of brachyury transcription factor addiction in chordoma p.292

doi: 10.1038/s41591-018-0312-3

Articles

がん治療:がんでの免疫チェックポイントの翻訳制御と治療でのその標的化

Translation control of the immune checkpoint in cancer and its therapeutic targeting p.301

doi: 10.1038/s41591-018-0321-2

がん:腫瘍によって教育されたB細胞は、HSPA4を標的とするIgGによって乳がんのリンパ節転移を選択的に促進する

Tumor-educated B cells selectively promote breast cancer lymph node metastasis by HSPA4-targeting IgG p.312

doi: 10.1038/s41591-018-0309-y

炎症性腸疾患:再発難治性クローン病で起こる微生物ネットワークのかく乱

Microbial network disturbances in relapsing refractory Crohn’s disease p.323

doi: 10.1038/s41591-018-0308-z

うつ病:側坐核に入力する扁桃体コレシストキニングルタミン酸作動性求心性神経中のカンナビノイドCB1受容体はうつ様行動を調節する

Cannabinoid CB1 receptors in the amygdalar cholecystokinin glutamatergic afferents to nucleus accumbens modulate depressive-like behavior p.337

doi: 10.1038/s41591-018-0299-9

「Journal home」へ戻る

プライバシーマーク制度