Volume 52 Number 6

クロマチンジャングルに見られる平衡状態

ライオン(MLL2/COMPASS)がシマウマ(PRC2)を追い払うと、ボート(RNAポリメラーゼII)は川(DNA)を下ることができるようになる。ライオンが辺りにいないとき(MLL2ノックアウト)には、シマウマとワニ(DNAメチルトランスフェラーゼ)がボートの行く手を阻む。どの動物もいない場合は、ボートは自由に川を下る。

参照論文:Douillet et al.
画像制作:Nicole Ethen
表紙デザイン:Erin Dewalt

目次

注目のハイライト

その他のハイライト

Editorial

News & Views

体細胞変異:限られた空間におけるクローン競合

Clonal competition in a confined space p.553

doi: 10.1038/s41588-020-0638-x

エピゲノミクス:DNMT3AおよびTET2の変異は造血を反対方向に傾かせる

DNMT3A and TET2 mutations reshape hematopoiesis in opposing ways p.554

doi: 10.1038/s41588-020-0641-2

Letters

トウモロコシ:現代のトウモロコシの育種におけるゲノムワイド選抜と遺伝的改良

Genome-wide selection and genetic improvement during modern maize breeding p.565

doi: 10.1038/s41588-020-0616-3

乳がん:ゲノムワイド関連解析による、乳がんの全般的ならびにサブタイプ特異的な32の新規感受性座位の同定

Genome-wide association study identifies 32 novel breast cancer susceptibility loci from overall and subtype-specific analyses p.572

doi: 10.1038/s41588-020-0609-2

Articles

卵巣がん:進行卵巣がんにおける腫瘍–免疫の不均一性の解明により化学療法の免疫原性が明らかになる

Unraveling tumor–immune heterogeneity in advanced ovarian cancer uncovers immunogenic effect of chemotherapy p.582

doi: 10.1038/s41588-020-0630-5

大腸がん:細胞系譜依存的な遺伝子発現プログラムが大腸がんの免疫の全体像に影響を及ぼす

Lineage-dependent gene expression programs influence the immune landscape of colorectal cancer p.594

doi: 10.1038/s41588-020-0636-z

クローン競合:空間的競合は正常な食道上皮の動的な変異全体像を形作る

Spatial competition shapes the dynamic mutational landscape of normal esophageal epithelium p.604

doi: 10.1038/s41588-020-0624-3

エピジェネティクス:発生遺伝子の発現は、ヒストンH3K4トリメチル化とは結び付いておらず、COMPASS、ポリコーム、DNAメチル化の平衡を介している

Uncoupling histone H3K4 trimethylation from developmental gene expression via an equilibrium of COMPASS, Polycomb and DNA methylation p.615

doi: 10.1038/s41588-020-0618-1

遺伝子発現:分析評価した遺伝子発現量が関与する疾患への遺伝的影響を定量化

Quantifying genetic effects on disease mediated by assayed gene expression levels p.626

doi: 10.1038/s41588-020-0625-2

Technical Report

複雑形質:大規模なバイオバンクおよびコホートにおける領域基準型関連検定のためのスケーラブルな一般化線形混合モデル

Scalable generalized linear mixed model for region-based association tests in large biobanks and cohorts p.634

doi: 10.1038/s41588-020-0621-6

「Journal home」へ戻る

プライバシーマーク制度