News & Views

赤色巨星の内なる鼓動

Nature ダイジェスト Vol. 8 No. 6 | doi : 10.1038/ndigest.2011.110634

原文:Nature (2011-03-31) | doi: 10.1038/471580a | The inner lives of red giants

Travis S. Metcalfe

赤色巨星を輝かせているエネルギー源は何なのか。その重要な手がかりは赤色巨星の明るさの脈動から得ることができる。米航空宇宙局(NASA)が打ち上げたケプラー宇宙望遠鏡による赤色巨星の明るさの観測で、星の進化を記述する理論の予測が正しいのかを調べることが可能になってきた。

ハリウッドスターと同様、星の年齢もその表面を見ているだけではよくわからない。恒星の大きさと明るさは、その一生のある段階では極めて一定している。しかし、内部の奥深くでは変化が進行している。恒星は、その一生の大半の期間、水素をヘリウムに変える核融合反応が出すエネルギーで輝いている。しかし、やがて中心核のヘリウムを燃やして炭素や酸素などのより重い元素を合成し始める。オーストラリアのシドニー大学シドニー天文学研究所のTimothy Beddingをはじめとする国際共同研究チームは、変化が最も顕著に起こっている恒星の最深部を、連続した「星震」(星で起こっている振動)を使って探り、恒星がその生涯のどの段階にあるかを知る新たな方法が実際に実行可能であることを示した。彼らはこの研究成果をNature 2011年3月31日号608ページに発表した1

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度