Japanese Author

抗がん剤の効果を、蛍光イメージング技術で可視化! (宮脇 敦史)

宮脇 敦史

Nature ダイジェスト Vol. 8 No. 5 | doi : 10.1038/ndigest.2011.110518

細胞内の微細な構造や分子などを蛍光で標識し、可視化する「蛍光イメージング技術」。分化や発生などの基礎生物学領域から、創薬、がんの診断や治療といった医療分野まで、幅広い応用が期待されており、研究開発が急速に展開している。この分野の第一人者である理化学研究所の宮脇敦史チームリーダーは、このほど、独自の細胞周期プローブを使って、がん細胞の増殖動態を可視化することに成功。抗がん剤の濃度に依存した細胞応答の特性を、単一細胞のレベルで明らかにした。

細胞周期を可視化するFucci

––Natureダイジェスト:一貫して蛍光イメージングを研究テーマにされていますね。

宮脇:発端は、医学部の学生時代に、蛍光のエネルギー移動(FRET)に関する総説に出会ったことです。当時、蛍光色素を用いた分子ラベルは一部の研究者に限られていた感じでした。私はFRETに憧れ、タンパク質を自在に蛍光でラベルしたいと夢見ていました。その後、1990年代に、アメリカのダグラス・プレーシャーらが、オワンクラゲGFPの遺伝子をクローニングしました。そして1997年に、私が、GFPの変異体を用いて、FRETを使ったカルシウムセンサーを開発することに成功しました。

以後、蛍光プローブやバイオイメージング技術の開発を進め、また沖縄の海で採集したサンゴ類を材料に、新規蛍光タンパク質の単離も行ってきました。細胞内のカルシウム濃度を色分けして可視化できる「カメレオン」、特定の波長の光を照射して蛍光の特性を可逆的に変えられる「ドロンパ」、不可逆的に変えられる「カエデ」、励起波長と蛍光波長が飛躍的に離れている「ケイマ」などの蛍光プローブを開発しています。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度