2011年12月号Volume 8 Number 12

科学が新しい治療法を阻害する?

パーキンソン病は運動能力などを失っていく難病で、ドーパミンやアセチルコリンなどが関係する神経変性疾患だ。この病気の治療法として、胎児由来神経細胞の移植など、新しい外科的な方法がいろいろと試みられてきた。こうした治療法の有効性を判断する時、二重盲検法の代わりに「偽手術」という手法がよく使われる。これは、目的の手術と全く同じ手続きを踏み、その薬剤なり組織なりを移植しない点だけが異なる。しかし、パーキンソン病のような疾患の場合、手術を受けたことで治癒への期待が高まり、患者のドーパミン分泌が増えるなどのプラセボ効果がかなり見られる。プラセボ効果を排除しようとする科学性と、実際の治療効果を求める患者の意志は、時としてぶつかることがある。

Editorials

ジョブズとMacは、科学論文の製作環境に革命をもたらした。転写シールの切り貼りや用紙をずらしてタイプする作業から科学者を解放し、研究に専念できるようにしてくれたのだ。

このほど発表されたヨーロッパの神経・精神疾患に関する統計は、まさに衝撃的なものだ。この分野にもっと研究資金を振り向けるよう、明らかに現在のやり方を変える必要がある。

Top of page ⤴

Research Highlights

Top of page ⤴

News

水星探査機メッセンジャーの観測結果は、これまでの水星形成の仮説に異議を唱えるものとなった。

Top of page ⤴

News Features

Free access

帰宅は真夜中、週末もラボ。ミーティングは金曜日の夜。こうした生活を送ってこそ、すばらしい研究成果が得られるのだろうか。

Top of page ⤴

Japanese Author

日本人の死因の30%を占めるがん。そのうち肺がんは、男性のトップ、女性で第3位だ。2002年に発売された肺がん治療薬イレッサ(薬物名ゲフィチニブ)は、高い効果を発揮したものの、副作用のために認可取り消しの危機に見舞われた。その後、イレッサが安心して使えるようになるまで長い道のりを要したが、その陰には、基礎研究と臨床の現場を結んだ医師たちの努力があった。

Top of page ⤴

News & Views

過信が無謀さにつながることは、誰もが知っている。しかし、リスクより大きな報酬がある場合には、過度に肯定的なセルフイメージを持つことが進化上の利点となるかもしれない。

非常に広い範囲にわたって火成岩が分布するシベリア・トラップの調査から、そのマグマ源に、リサイクルされた海洋地殻がかなりの割合で含まれていたことを示すデータが得られた。

Top of page ⤴

News Scan

Top of page ⤴

Highlights

Top of page ⤴