News in Focus

孤立したブラックホールを初めて発見

Nature ダイジェスト Vol. 19 No. 4 | doi : 10.1038/ndigest.2022.220407

原文:Nature (2022-02-07) | doi: 10.1038/d41586-022-00346-6 | First glimpse of lone black hole delights astronomers

Elizabeth Gibney

宇宙をさまよう「孤立したブラックホール」が初めて発見された。超新星爆発の解明にもつながりそうだ。

ブラックホールが引き起こす重力レンズ現象で、背景の天体の像がゆがむ様子のシミュレーション結果。 | 拡大する

Nasa

宇宙をさまよう、孤立した恒星質量ブラックホールが初めて発見された。孤立した恒星質量ブラックホールは、銀河系(天の川銀河)内に多数存在していると考えられていたが、光を出さないため、検出が難しかった。今回、背景の星の光の重力レンズ現象を利用して、単独のブラックホールが銀河系内で見つかった。今回の発見は、孤立したブラックホールがどのようにして生まれ、どれほど存在しているかの解明や、超新星爆発の解明にもつながるとみられる。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度