Feature

乳児を守れ! 悲願のRSウイルスワクチン誕生へ

呼吸器感染症を引き起こすRSウイルスにより、世界で毎年数百万人が入院し、数万人が亡くなる。ワクチン開発は半世紀もの間難航していたが、重要なタンパク質の構造解明とCOVIDワクチンでの知見の後押しにより、現在、4種類の新しいワクチンが後期臨床試験に入っている。

拡大する

RIJAN MURAT/DPA/ALAMY

Nature ダイジェスト Vol. 19 No. 3 | doi : 10.1038/ndigest.2022.220324

原文:Nature (2021-12-16) | doi: 10.1038/d41586-021-03704-y | The race to make vaccines for a dangerous respiratory virus

Kendall Powell

2020年2月、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)による感染症(COVID-19)の世界的な大流行が始まった直後、テキサス大学オースティン校(米国)の構造生物学者Jason McLellanの研究チームは、このウイルスがヒトの細胞に侵入する際に使用するスパイクタンパク質の構造を発表した1。その構造を基に、すぐにワクチンの開発が始められた(2021年10月号「新型コロナウイルスが細胞に侵入する仕組み」、2021年11月号「mRNAワクチン完成までの長く曲がりくねった道」参照)。だが、McLellanがウイルスタンパク質の構造を解明してワクチンの開発に拍車を掛けたのは、それが初めてではなかった。2013年には、呼吸器合胞体ウイルス(RSウイルス;RSV)と呼ばれる別の致死性ウイルスのタンパク質の構造を解析していた2

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度