News in Focus

1つのチップ上で、酵素の1000以上の変異を同時に調べる

Nature ダイジェスト Vol. 18 No. 9 | doi : 10.1038/ndigest.2021.210905

原文:Nature (2021-07-23) | doi: 10.1038/d41586-021-02034-3 | Single chip tests thousands of enzyme mutations at once

Sara Reardon

この技術は、タンパク質の作用機序や薬物送達の方法に関する理解を大幅に加速すると期待されている。

このシリコン製のマイクロ流体チップには1568個の反応チャンバーが整列している。反応チャンバーは、チップにエッチングされたチャネルによって、上部に取り付けられた制御パイプに接続されている。 | 拡大する

Daniel Mokhtari

酵素は生命活動の基礎を成すタンパク質であるが、酵素の作用機序を解明したり、遺伝子の変異がこれらの分子に与える影響を理解したりするには何年もかかることが多い。研究者は実験室で、タンパク質分子を構成する数百個のアミノ酸を1個ずつ改変した変異型酵素を作製し、酵素活性の能力に個々の変異がどのような影響を与えているかを検証しなければならない。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度