News & Views

β細胞でインスリン作用を調整するブレーキが発見された

Nature ダイジェスト Vol. 18 No. 5 | doi : 10.1038/ndigest.2021.210540

原文:Nature (2021-02-11) | doi: 10.1038/d41586-021-00141-9 | New-found brake calibrates insulin action in β-cells

Rohit N. Kulkarni

インスリンは膵臓のβ細胞によって産生される。 今回、β細胞におけるインスリンシグナル伝達の調節因子が特定され、 この経路がβ細胞の生物学的性質において重要な役割を担っているとする 長年の考えが確固たるものになった。

ヒト膵臓の膵島細胞(中央のピンク色の部分)。内分泌に関わる細胞群で、インスリンを分泌するβ細胞などが含まれる。周辺の赤紫色の部分は外分泌に関わる細胞。 | 拡大する

Ed Reschke/Stone/Getty

インスリンが糖尿病の治療に最初に使用されてから、ほぼ1世紀になる1。それ以来、インスリンとその関連分子であるインスリン様増殖因子1(IGF1)によって調節される、複雑な代謝経路について非常に多くのことが分かってきている。インスリンやIGF1は受容体タンパク質を介して作用するが2、これらの受容体の活性が、実際にインスリンを産生する細胞である膵臓β細胞において調節される仕組みはよく分かっていない。現在、このような知識が緊急に必要とされているのは、β細胞機能の低下が糖尿病の主要な原因だからである。従って、β細胞を調節する分子経路の解明は、糖尿病の管理の改善や予防に役立つ可能性がある。このほどホルムヘルツセンターミュンヘンおよびドイツ糖尿病研究センター(共にドイツ・ノイヘルベルク)のAnsarullahら3は、これまで知られていなかったβ細胞の調節因子を特定し、このタンパク質がインスリン受容体の発現を「調整」できる機構についての概要をNature 2021年2月11日号326ページで報告した。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度