News in Focus

AI分野でも研究倫理の向上を進めている

Nature ダイジェスト Vol. 18 No. 4 | doi : 10.1038/ndigest.2021.210418

原文:Nature (2020-12-23) | doi: 10.1038/d41586-020-03611-8 | Prestigious AI meeting takes steps to improve ethics of research

Davide Castelvecchi

AI分野の権威ある国際会議NeurIPSは2020年の会議で初めて、発表者に自身の研究が社会に与える広範な影響について考察することを要請した。

人工知能研究は倫理面からも精査されるようになってきている。 | 拡大する

MICHAEL COHEN/GETTY

NeurIPS(Neural Information Processing Systems;神経情報処理システム会議)は、人工知能(AI)分野で最も権威がある国際会議だ。そのNeurIPSが、1年に及ぶ論文の精査と、果てなき議論を経て、自ら良い手本を示そうとしている。2020年12月に完全オンライン形式で開催されたNeurIPS2020で、初めて、発表者に自身の研究が社会に及ぼし得る広範な影響について悪影響も含めて評価を行うように求めたのだ。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度