News & Views

造血幹細胞はトウガラシの刺激で血中に動員される

Nature ダイジェスト Vol. 18 No. 4 | doi : 10.1038/ndigest.2021.210440

原文:Nature (2021-01-28) | doi: 10.1038/d41586-020-03577-7 | Pain-sensing neurons mobilize blood stem cells from bone marrow

Anastasia N. Tikhonova & Iannis Aifantis

痛みを感知する神経細胞をトウガラシの成分で刺激すると、この細胞によって造血幹細胞が動員できることが分かった。今回の成果はマウスで行われた研究だが、この発見は幹細胞移植の手順を改善するのに有望である。

血液幹細胞の基本的な特徴は、体の全血液と免疫系を再生する能力を持つことである。この過程は造血として、また、細胞は造血幹細胞(HSC)としてよく知られている。HSCは、発生中の胚では血液循環に入ることで移動が可能になり、異なる解剖学的部位をあちこち移動しているが、出生後は骨髄の特殊なニッチに存在している。ニッチは、HSCの静止状態や自己複製を支えている1。HSCは、生涯にわたって骨髄から放出され、不随意神経の制御下にある概日パターンで血球を補充する2。痛みを感知する神経も骨髄に接続されているが、これらのニューロンもHSCを動員できるのだろうか? このほどアルバート・アインシュタイン医科大学(米国ニューヨーク)のXin Gaoら3は、この疑問に取り組み、トウガラシの驚くべき役割を特定したことをNature 2021年1月28日号591ページで報告した。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度