World View

論文撤回から学んだこと

Nature ダイジェスト Vol. 18 No. 4 | doi : 10.1038/ndigest.2021.210422

原文:Nature (2021-01-19) | doi: 10.1038/d41586-021-00073-4 | What my retraction taught me

Ben de Haas

キャリアインセンティブは、間違いがないふりをするよりもむしろ、好奇心の共有に見返りを与えるべきだ。

MAREN URNER | 拡大する

Ben de Haas(ベン・デ・ハース)は、ユストゥス・リービッヒ大学ギーセン(ドイツ)の実験心理学者。

パンデミックの真っただ中、私は2014年に発表した論文の基礎となった実験のデータを入手できるかどうかを尋ねるメールを受け取った。3カ月後、私は、その論文の撤回を求めた。だが、私はこれを苦い経験だとは思っていない。それどころかこのことが、研究に対する最初のモチベーションを思い出させてくれたのだ。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度