News & Views

血液の化学組成予想図

Nature ダイジェスト Vol. 18 No. 3 | doi : 10.1038/ndigest.2021.210343

原文:Nature (2020-12-03) | doi: 10.1038/d41586-020-03122-6 | Building a chemical blueprint for human blood

Patrick H. Bradley & Katherine S. Pollard

ヒトの血液の化学組成を決定しているものは何なのか? 遺伝学的性質から生活様式まで、さまざまな要因の関与が評価され、食物と腸内微生物が血液の化学組成を予測する重要な要因となることが明らかになった。

Barらは、個人の食事や腸内微生物が血中の化学物質の組成を決定する重要な要因であることを示した。 | 拡大する

Science Photo Library - SCIEPRO/Brand X Pictures/Getty

ヒトの血液は、酸素や二酸化炭素以外にも、多くの化学物質を輸送している。これらの分子の中には、健康状態の指標として有用なものがあり、実際、このようなバイオマーカーの測定は臨床の血液検査で一般的に行われている。その他、ホルモンや薬剤など、血中に存在するさまざまな分子は、代謝や免疫応答などの過程を調節することによって健康に直接影響を及ぼす。このほどワイツマン科学研究所(イスラエル・レホボト)のNoam Barら1は、ヒトの血液に含まれる化学物質の組成に影響を及ぼす要因を明らかにし、Nature 2020年12月3日号135ページで報告している。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度