World View

アレシボ天文台:2020年のもう1つの大きな損失

Nature ダイジェスト Vol. 18 No. 2 | doi : 10.1038/ndigest.2021.210212

原文:Nature (2020-12-18) | doi: 10.1038/d41586-020-03552-2 | Arecibo Observatory: another great lost in 2020

Abel Méndez

2020年は多くのものが失われた年だった。私は、かつて世界最大とうたわれ、科学の道に私を導いてくれた電波望遠鏡の死を深く悲しんでいる。

拡大する

ABEL MÉNDEZ

プエルトリコにあるアレシボ天文台の口径305mの電波望遠鏡は、2017年の「マリア」をはじめとするハリケーンや、2020年1月上旬の大きな地震などを数十年にわたって生き延び、その所有者である米国立科学財団(NSF;バージニア州アーリントン)による予算削減の試みなどもしのいできた。しかし、2020年12月1日の早朝、反射面の上空150mの高さに吊り下げられていた重さ900tの受信機プラットフォームが落下し、建造から57年が経過した望遠鏡は崩壊した。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度