News in Focus

「はやぶさ2」が地球に届けたカプセルに小惑星の試料を確認

Nature ダイジェスト Vol. 18 No. 2 | doi : 10.1038/ndigest.2021.210203

原文:Nature (2020-10-15) | doi: 10.1038/d41586-020-03451-6 | Asteroid dust recovered from Japan’s daring Hayabusa2 mission

Smrity Mallapaty

科学者たちは、日本の小惑星探査機「はやぶさ2」が小惑星リュウグウから持ち帰った黒い粒子を調べることで、太陽系の形成過程の理解が深まることを期待している。

南オーストラリア州の砂漠に着地した「はやぶさ2」のカプセル。 | 拡大する

JAXA

小惑星の試料を地球に持ち帰る日本のミッションが成功した。2020年12月14日、日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA;神奈川県相模原市)は、小惑星探査機「はやぶさ2」から分離して同6日にオーストラリアの砂漠に着地した再突入カプセルに、小惑星リュウグウの黒い粒子が入っていることを確認した。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度