News in Focus

1本の牙に刻まれた、あるケナガマンモスの長い旅の記録

Nature ダイジェスト Vol. 18 No. 11 | doi : 10.1038/ndigest.2021.211102

原文:Nature (2021-08-12) | doi: 10.1038/d41586-021-02206-1 | Mammoth’s epic travels preserved in tusk

Ariana Remmel

約1万7100年前のケナガマンモスの牙の化学分析によって、このマンモスの一生分の移動パターンが明らかになった。

ケナガマンモスは、最終氷期に北極圏の広い範囲を歩き回っていたようだ。 | 拡大する

ORLA/GETTY

ケナガマンモス(Mammuthus primigenius)の牙に保存されていた化学的な「GPSタグ」を用いて、その持ち主の地理的な移動パターンが詳細に描き出された。得られた結果は、この個体が28年の生涯で、現在のアラスカの広い範囲を歩き回っていたことを示しており、その総距離は地球2周分近くに達したと考えられる。最終氷期に生きた1頭のケナガマンモスの生と死を垣間見せてくれる今回の成果は、Science 2021年8月13日号で発表された1

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度