Advances

検査もできる使い捨てマスク — COVID-19対策にうってつけ

Nature ダイジェスト Vol. 18 No. 11 | doi : 10.1038/ndigest.2021.211115a

マスク着用と検査は 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策の要だが、この2つをまとめて実行するデバイスが登場しそうだ。ハーバード大学とマサチューセッツ工科大学(いずれも米国)の研究者が合成生物学の技術を使って、重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)を正確に検出するマスクを作った。

SARS-CoV-2 のイメージ画像。 | 拡大する

ANDRIY ONUFRIYENKO/MOMENT/GETTY IMAGES

合成生物学では、遺伝子配列を検出するセンサーなどさまざまなデバイスを生物のパーツを使って作る。従来の取り組みはこうしたセンサーに工学的に改変した細菌を使ってきたが、生きている細胞には困難(例えば栄養を与え続けなくてはならない)とバイオハザードの危険が付きまとう。これに対し今回の研究では、遺伝子や酵素など細胞が含む成分を用いてフリーズドライの“細胞なし”回路を作り、これを多孔質の柔軟な素材に載せてウエアラブルデバイスを作る(この研究チームはそうした回路を紙の上に作る方法を2014年に発表していた)。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度