News & Views

細菌に起因する変異シグネチャーを大腸がんで同定

Nature ダイジェスト Vol. 17 No. 7 | doi : 10.1038/ndigest.2020.200739

原文:Nature (2020-04-09) | doi: 10.1038/d41586-020-00818-7 | A mutational signature that can be made by a bacterium arises in human colon cancer

Ye Yang & Christian Jobin

DNAを損傷する分子を産生する腸内細菌と大腸がんとの関連性が指摘されている。これらの細菌によって引き起こされる変異シグネチャーがヒト大腸がんで同定されたことは、この関連性を支持する知見だ。

拡大する

BSIP/Universal Images Group/Getty

大腸がんの病因を理解することは、その治療法の開発に役立つかもしれない。腸内細菌の一種と大腸がんとの関連性は以前から指摘されていた。このほど、その関連性を裏付ける知見を、オランダ王立芸術・科学アカデミー(KNAW)、ユトレヒト大学医療センター、およびオンコード研究所(以上、オランダ・ユトレヒト)のCayetano Pleguezuelos-Manzanoら1Nature 2020年4月9日号269ページで報告した。彼らは、大腸がん細胞で認められるDNA変異の中から細菌の「指紋」を特定することで、この細菌の関与を証明している。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度