News in Focus

科学研究で先を越されても、名声は手に入ることが明らかに

Nature ダイジェスト Vol. 17 No. 2 | doi : 10.1038/ndigest.2020.200219

原文:Nature (2019-11-28) | doi: 10.1038/d41586-019-03648-4 | Scooped in science? Relax, credit will come your way

Ewen Callaway

「研究レース」について、タンパク質の構造決定に関する論文を分析調査したところ、2番手の研究チームも評価されていることが分かった。

チャールズ・ダーウィン(左)は、アルフレッド・ラッセル・ウォレス(右)から自分と同様の考えを詳しく述べた原稿を受け取った後、『種の起源』を急いで出版した。 | 拡大する

L: BETTMANN/GETTY; R: LONDON STEREOSCOPIC COMPANY/GETTY

ある発見で誰かに先を越されることは、科学者とって最大の悪夢である。しかし、2番手に甘んじた不利益は、人々が思うほど過酷なものではない。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度