News

太陽系の試料を持ち帰る探査機たち

Nature ダイジェスト Vol. 17 No. 11 | doi : 10.1038/ndigest.2020.201104

原文:Nature (2020-08-06) | doi: 10.1038/d41586-020-02185-9 | How space missions snatch pieces of other worlds and bring them back to Earth

Alexandra Witze

人類が地球に持ち帰ってきた月や小惑星、彗星、それから太陽風の中の岩石や微粒子は、太陽系に関する我々の理解を大きく変えてきた。

小惑星ベンヌの試料も、2023年に地球に持ち帰られる予定だ。ベンヌ着地に成功したNASAの探査機「オシリス・レックス」は2020年10月21日に試料採取を開始した。 | 拡大する

NASA/Goddard/University of Arizona/Lockheed Martin

NASAは今、惑星科学者たちの長年の夢である火星からのサンプルリターンに世界で初めて挑もうとしている。夢の実現に向けた第一歩として2020年7月30日に打ち上げられた火星探査車「パーサビアランス」は、順調にいけば2021年2月に火星に到着し、その地表を走り回って試料を採取、保管する。そしていつの日か、火星にやってきた別の探査機がこの試料を回収し、地球に向けて出発する。つまりパーサビアランスが採取する岩石は、地球に持ち帰る最初の火星試料となる。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度