News

メガコンステレーションの天文観測への影響と対策を示した報告書

Nature ダイジェスト Vol. 17 No. 11 | doi : 10.1038/ndigest.2020.201102

原文:Nature (2020-08-26) | doi: 10.1038/d41586-020-02480-5 | How satellite ‘megaconstellations’ will photobomb astronomy images

Alexandra Witze

大規模な衛星コンステレーションが天文学に及ぼす影響について、これまでで最も詳細な報告書が発表された。報告書では、衛星コンステレーションの天文観測への悪影響は不可避であると結論付けられており、緩和戦略が提示されている。

人工衛星のメガコンステレーションは天文写真に明るい光の筋を残す。NOIRLabの天文学者によると、この写真にはスターリンク衛星による光の筋が少なくとも19本写り込んでいるという。 | 拡大する

CTIO/NOIRLab/NSF/AURA/DECam DELVE Survey

近年、アマゾン社やスペースX社などの民間企業は、地球周回軌道に多くの通信衛星を打ち上げて、「メガコンステレーション」と呼ばれる巨大な衛星網を形成しようとしている。衛星網が地上からの天文観測に及ぼす影響をこれまでで最も詳細に評価した報告書は、メガコンステレーションは天文学者が収集するデータを汚染し、私たちが見上げる夜空を大きく変えることになるだろうと結論付けている。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度