News & Views

自己集合でナノスケールのポリカテナンを合成

Nature ダイジェスト Vol. 17 No. 10 | doi : 10.1038/ndigest.2020.201040

原文:Nature (2020-07-16) | doi: 10.1038/d41586-020-02007-y | Simple molecules self-assemble into the links of a nanoscale chain

Guillaume De Bo

今回、非共有結合性の相互作用を利用した分子の自己集合により、ナノスケールの非常に大きな鎖状分子が合成された。この方法では、これまでは難しかった最終生成物のトポロジー制御が可能で、特定の構造を狙い通りに合成することができる。

「ナノリンピアダン(nanolympiadane)」の原子間力顕微鏡(AFM)画像。 | 拡大する

Ref.1

複雑な分子構造は通常、さまざまな構成要素を段階的につなぎ合わせて構築される。しかし時として、単一の構成要素が自己集合した結果、複雑な構造が出現することがある。今回、千葉大学の矢貝史樹ら1は、単純な単一分子を巧妙に自己集合させることで、ナノメートルスケールの環状分子が鎖状に連結した非常に大きな「ポリカテナン」を合成できることを見いだし、その方法をNature 2020年7月16日号400ページで報告した。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度