News

エニオンの実験的証拠を観測

Nature ダイジェスト Vol. 17 No. 10 | doi : 10.1038/ndigest.2020.201002

原文:Nature (2020-07-03) | doi: 10.1038/d41586-020-01988-0 | Welcome anyons! Physicists find best evidence yet for long-sought 2D structures

Davide Castelvecchi

エニオンと呼ばれる奇妙な準粒子の存在が実験的に確認された。この成果は、エラーを起こしにくい量子コンピューターの実現につながる可能性がある。

素子に加える磁場(横軸)とゲート電圧(縦軸)の変化に対し、コンダクタンスの変化(青色~赤色)を示したグラフ。この干渉パターンは「パジャマストライプ」と呼ばれ、その不連続なジャンプ(斜めの点線)がエニオンの存在を示している。 | 拡大する

JAMES NAKAMURA & MICHAEL MANFRA

エニオン(anyon)と呼ばれる新奇な粒子の存在を示す、初めての確実な実験的証拠と考えられる研究結果が報告された。エニオンはフェルミ粒子でもボース粒子でもない奇妙な粒子で、40年以上前に予言された。今回のエニオンの確認は二次元の固体素子を使ってなされ、エラーを起こしにくい量子コンピューターの開発につながる可能性がある。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度