News & Views

喫煙と糖尿病を結ぶ経路が明らかに

Nature ダイジェスト Vol. 17 No. 1 | doi : 10.1038/ndigest.2020.200135

原文:Nature (2019-10-17) | doi: 10.1038/d41586-019-02975-w | Brain-to-pancreas signalling axis links nicotine and diabetes

Giuseppe Bruschetta & Sabrina Diano

脳内でのニコチンに対する反応と膵臓での糖代謝をつなぐシグナル伝達経路が発見された。これは、喫煙により糖尿病発症リスクが高まる理由を解明する手掛かりとなる。

拡大する

Luis Diaz Devesa/Moment/GETTY

喫煙には多くの弊害があるが、その1つは糖尿病のリスクを高めることだ。摂取されたニコチンがグルコースの代謝を抑制し、血糖値が上昇するからである1–4。脳の内側手綱(mHb)領域には、ニコチン性アセチルコリン受容体(nAChR)を発現しているニューロン集団が存在する5。このニューロン集団はニコチンによって活性化され、ニコチンに対する嫌悪反応を引き起こす。しかし、喫煙が糖尿病のリスクを高める作用にもこれらのニューロンが関係しているかどうか、また、もしそうであるとしたら、どのように関係しているかについては、これまで分かっていなかった。このほど、マウントサイナイ・アイカーン医科大学(米国ニューヨーク)のAlexander Duncanら6は、nAChR発現ニューロンと血糖調節とを結び付けるシグナル伝達経路を特定したことをNature 2019年10月17日号372ページで報告した。その経路には糖尿病関連転写因子TCF7L2が関与している。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度