News & Views

なぜ褐色脂肪には多くの神経が分布しているのか

Nature ダイジェスト Vol. 16 No. 8 | doi : 10.1038/ndigest.2019.190828

原文:Nature (2019-05-09) | doi: 10.1038/d41586-019-01278-4 | Why brown fat has a lot of nerve

Rejji Kuruvilla

哺乳動物の褐色脂肪は、熱を発生させることで、蓄積されていたカロリーを燃やす。この過程は、褐色脂肪組織に侵入している神経によって制御される。褐色脂肪の神経分布と熱発生を調節するタンパク質が発見された。

褐色脂肪細胞 | 拡大する

JOSE LUIS CALVO MARTIN & JOSE ENRIQUE GARCIA-MAURIÑO MUZQUIZ/istock/Getty

肥満の劇的な増加によって、糖尿病と心血管疾患が世界的に増えている。哺乳動物では余分なカロリーはトリグリセリド分子として白色脂肪組織(白色脂肪とも呼ばれる)の中に蓄積される。対照的に、褐色脂肪組織(BAT;褐色脂肪)は、適応型の非ふるえ熱産生と呼ばれる過程で脂肪とグルコース分子を燃やして熱を発生させる1。BATの熱産生を活性化することは、肥満治療の戦略候補となり得るため、BATの発生と生理学的特徴を理解することへの関心は高まっている。今回、ダナ・ファーバーがん研究所(米国マサチューセッツ州メドフォード)およびハーバード大学医学系大学院(米国マサチューセッツ州ボストン)に所属するXing ZengらはNature 5月9日号229ページで、褐色脂肪細胞中に見られるタンパク質のカルシンテニン3β(CLSTN3β)が、増殖因子の1つ(S100bと呼ばれるタンパク質)の分泌を制御することによってBATの神経分布と熱発生の重要な調節因子の1つと働くと報告している2

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度