News

宇宙滞在の影響が双子研究で明らかに

Nature ダイジェスト Vol. 16 No. 6 | doi : 10.1038/ndigest.2019.190605

原文:Nature (2019-04-11) | doi: 10.1038/d41586-019-01149-y | Astronaut twins study spots subtle genetic changes caused by space travel

Alexandra Witze

長期間の宇宙滞在の影響は、地球帰還後数カ月でほぼ消えた。

NASAの宇宙飛行士Mark Kelly(左)とScott Kelly(右)は一卵性双生児で、MarkはScottより6分だけ早く生まれた。 | 拡大する

ROBERT MARKOWITZ/AFP/Getty Images

NASAに所属する一卵性双生児の宇宙飛行士Scott KellyとMark Kellyの体は、ほぼ同じに戻った。それが、2015~2016年の約1年に及ぶ宇宙滞在中にScottの体に生じた変化を追跡した研究の結論である。研究チームが2019年4月12日号のScienceで発表した論文によると、宇宙滞在中にScottの体に生じた遺伝的、生化学的、およびその他の変化の多くは、宇宙から帰還するとあらかた消失したという1

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度