News & Views

マラリア原虫を蚊体内で死滅させる

Nature ダイジェスト Vol. 16 No. 6 | doi : 10.1038/ndigest.2019.190632

原文:Nature (2019-03-14) | doi: 10.1038/d41586-019-00648-2 | Battling disease by giving mosquitoes an antimalarial drug

Janet Hemingway

殺虫剤を使った蚊の駆除はマラリアとの闘いに貢献してきたが、殺虫剤耐性が深刻化している。このほど、宿主である蚊をマラリア原虫を標的とする薬剤に曝露させる方法が考案され、モデル研究でその有効性が示唆された。

拡大する

FRANK600/ISTOCK/GETTY IMAGES PLUS/GETTY

疾病制御のための長期計画は、それがただ1種類の介入に頼ったものであるかぎり、薬剤耐性が生じて失敗に終わる可能性が高い。マラリア原虫を媒介する雌の蚊を殺虫剤で駆除することでマラリアの伝播を抑制しようとする努力もその例外ではなく、殺虫剤に対する蚊の耐性が増加しつつある。そうした中、ハーバード大学(米国マサチューセッツ州ボストン)のDouglas G. Patonら1は、蚊が媒介するマラリアの伝播を殺虫剤とは別の介入により阻止する方法について、Nature 2019年3月14日号239ページで報告した。殺虫剤のみに依存するマラリア予防策から脱却するための手段となるかもしれない。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度