News & Views

グリーンランドの氷河下からメタンが放出されている

Nature ダイジェスト Vol. 16 No. 4 | doi : 10.1038/ndigest.2019.190433

原文:Nature (2019-01-03) | doi: 10.1038/d41586-018-07762-7 | Methane beneath Greenland’s ice sheet is being released

Lauren C. Andrews

グリーンランド氷床下の堆積物中で生成するメタンが、夏季の融解水によって大気中に放出されていることが報告された。この結果は、氷河の融解がこの温室効果ガスの重大な全球的ソースとなっている可能性を示唆している。

図1 堆積物に富む融解水の流出(グリーンランド・ラッセル氷河)
Lamarche-Gagnonら1は、写真のような氷河末端からの流出水に、多くの地上河川と同等の濃度のメタンが含まれていることを明らかにした。 | 拡大する

JEREMY HARBECK/NASA

氷河や氷床の下に存在する堆積物には炭素が蓄積されており、ある条件の下で、それは強力な温室効果ガス「メタン」に変換される。しかし、そうしたメタンの形成と放出は、北極のメタン収支の要素として定量化されていない。Nature 2019年1月3日号の73ページでは、Guillaume Lamarche-Gagnonらが、夏季のグリーンランド氷床において、海岸まで到達しない氷河から流出する水に溶解しているメタンを直接測定した結果を発表している1。氷河末端流出水(proglacial discharge;図1)として知られるこの水はメタンが過飽和状態となっており、この流出水から大気中に放出されるメタンの量は、他の地上河川から放出されるメタンに匹敵する。この研究結果は、氷河下水文系の様態と進化が、北極のメタン循環の制御に寄与することを示唆している。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度