News & Views

老化した脳ではT細胞が神経幹細胞を抑制

Nature ダイジェスト Vol. 16 No. 10 | doi : 10.1038/ndigest.2019.191033

原文:Nature (2019-07-11) | doi: 10.1038/d41586-019-01832-0 | Infiltration of old brains by T cells causes dysfunction of neural stem cells

Allison M. Bond & Hongjun Song

加齢に依存した環境変化により、幹細胞の機能が低下する可能性がある。このほど、老齢マウスの脳ではT細胞が浸潤し、それにより神経幹細胞が機能不全に陥っていることが分かった。この知見から有望な治療標的が示された。

培養された神経幹細胞の蛍光顕微鏡画像。 | 拡大する

RICCARDO CASSIANI-INGONI/SPL/Getty

健康な成体では、組織特異的な幹細胞が器官の可塑性(新しい細胞の追加)を維持していて、損傷を受けた組織を補充する。ほとんどの哺乳類では、成体の脳の2つの領域(側脳室の脳室下帯と海馬の歯状回)で神経幹細胞により新しいニューロンが作り出されており、これが脳の可塑性や認知に関与している1。しかし、ヒト成体の脳で一般的に新しいニューロンが作り出されているかどうかについては、いまだ議論がある。また、哺乳類の神経幹細胞の増殖は加齢とともに低下し、従って新しいニューロンの形成数も加齢とともに減少するが、この変化の基盤にある機構はよく分かっていない2。このほどスタンフォード大学(米国カリフォルニア州)のBen W. Dulkenら3は、老齢マウスの脳において、神経幹細胞の微小環境の変化が幹細胞の増殖に影響を及ぼす仕組みを調べ、Nature 2019年7月11日号205ページで報告した。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度