News Feature

深海底鉱物資源開発のジレンマ

深海底に眠る鉱物資源の開発はそれらの供給不足を解決するものとして 大いに期待されているが、一方で、人間の活動域から遠く離れた生態系で大規模な絶滅を引き起こす恐れもある。

拡大する

ZHANG JIANSONG/XINHUA/ALAMY

Nature ダイジェスト Vol. 16 No. 10 | doi : 10.1038/ndigest.2019.191019

原文:Nature (2019-07-25) | doi: 10.1038/d41586-019-02242-y | Seabed mining is coming — bringing mineral riches and fears of epic extinctions

Olive Heffernan

ハンブルク大学(ドイツ)のHjalmar Thielが初めて「クラリオン・クリッパートン海域(Clarion–Clipperton Zone;CCZ)」を訪れたのは、1972年のことだった。CCZとは、東太平洋のハワイからバハ・カリフォルニア半島にわたって東西に長く伸びる、クラリオン断裂帯とクリッパートン断裂帯に挟まれた広大な海域のことで、多くの有用元素が手付かずのまま大量に眠る、世界有数の海域である。水深約4000mの深海に広がる軟らかな泥で覆われた海底には、銅、ニッケル、マンガンなどの貴重な金属の鉱物が沈着したジャガイモ大の多金属団塊が、何兆個も転がっているのだ。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度