Japanese Author

シングルセル解析の新たな計測技術を開発

–– 「シングルセル(単一細胞)解析」は、なぜそんなに注目されているのでしょうか。

二階堂: 伝統的な生物学の研究方法では、臓器に含まれる複数の細胞種をまとめてすりつぶし、それを実験に用いました。ところが、ゲノム解析技術などの進歩により、微量の物質を精度よく、しかも高速で計測できるようになり、細胞1個1個を分離して別々に解析することが可能になってきたのです。すると、予想以上に細胞種が多様であること、さらには、同種の細胞であっても個性に大きな違いがあることが分かってきました。そして、細胞集団から平均化したデータでは、細胞個々の特徴や機能を正確に捉え切れないのではないかという疑問が湧いてきたのです。そこで、シングルセル解析が活発化してきました。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Vol. 15 No. 5

DOI: 10.1038/ndigest.2018.180522

参考文献

  1. Sasagawa, Y. et al. Genome Biology 19, 29 (2018).
  2. Hayashi, T. et al. Nature communications 9, 619 (2018).