Research press release

人類学:英国人の祖先を調べる

Nature

Anthropology: Investigating British ancestry

アングロ・サクソン時代に大勢の人々が現在のドイツ、オランダ、デンマークから北海を渡ってブリテン島に移住したことにより、中世初期のイングランドの人口に占めるヨーロッパ系の人々の割合が最大76%まで上昇した可能性があることを報告する論文が、Nature に掲載される。この研究知見は、ヨーロッパ大陸からの移住が中世初期のイングランドの社会の形成に影響したことを示唆している。

イギリス諸島とアイルランドの歴史には、文化が大きく変化した時代がいくつもあり、その1つがローマ時代に続く時代で、言語、居住形態、製造、建築、農業などが変化した。しかし、こうした文化的移行にヨーロッパ大陸からの移住がどの程度関係していたのかを理解することは依然として難しい。これまでの全ゲノム研究は、英国人の祖先を評価するために現代の英国人に着目してきたが、現代の英国人は遺伝子構成の分かっていない古代集団の代表例ではない可能性がある。

今回、Stephan Schiffels、Duncan Sayerたちは、現代の英国の人口動態を調べるために、西暦200年から1300年の間と年代決定されたヨーロッパ北西部の人々460人(イングランドで生活していた278人を含む)の考古学的データとゲノム全体の古代DNAを調べた。その結果、中世初期のイングランドで、中世初期と現代のドイツとデンマークの住民と近縁関係にあるヨーロッパ大陸北部系の人々が増えたことが判明した。分析対象となったイングランド東部の人々は、その祖先の最大76%がヨーロッパ大陸の北海地域の出身者だった。その後発生した人口統計学的事象によって、ヨーロッパ大陸北部系の人々の比率が低下し、鉄器時代のフランスで発見された人々に類似したヨーロッパ南西部の人々のような新しい構成員が加わったことが判明した。また、移住民を祖先に持つ女性は、地元民を祖先に持つ女性よりもブローチなどの副葬品と一緒に埋葬された可能性が高いことも分かった。一方、武器を持っていた男性の場合は、地元民を祖先に持つ者の割合と移民を祖先に持つ者の割合が同程度だった。

Schiffelsたちは、現代の英国には、中世初期の頃よりも低いレベルではあるが、ヨーロッパ大陸北部系の人々がかなり残っており、アングロ・サクソン人の移住による人口統計学的影響が永続しているという見解を示している。

Mass migration into Britain across the North Sea from Germany, The Netherlands and Denmark during the Anglo-Saxon period may have increased European ancestry up to 76% in Britain, reports a Nature paper. The findings suggest that migrations from continental Europe influenced the formation of early medieval British society.

The history of the British Isles and Ireland is characterized by periods of major cultural change — such as after the Roman era — that led to shifts in, for example, language, settlement patterns, manufacture, architecture and agriculture. However, understanding the extent to which human migration from continental Europe mediated these cultural transitions remains challenging. Previous genome-wide studies have focussed on present-day British people to assess ancestry, but these may not be representative of ancient groups with unknown genetic makeup.

To examine contemporary British population dynamics, Stephan Schiffels, Duncan Sayer and colleagues studied archaeological data and genome-wide ancient DNA from 460 medieval individuals — dated between 200 and 1300 CE — across northwestern Europe, including 278 individuals from England. They identified an increase in continental northern European ancestry in early medieval England, which was closely related to the early medieval and current inhabitants of Germany and Denmark. The individuals analysed from eastern England were found to derive up to 76% of their ancestry from the continental North Sea zone. Subsequent demographic events were found to reduce the proportion of continental northern European ancestry and to introduce new components such as southwestern European ancestry, similar to that found in Iron Age France. Additionally, they found that women with immigrant ancestry were more likely to be buried with grave goods, such as brooches, than women with local ancestry. Whereas men with weapons were just as likely to be native or of immigrant ancestry.

The authors suggest that in present-day Britain, a substantial northern continental ancestry remains, albeit at a lower level than during the early medieval period, indicating a lasting demographic impact of the ‘Anglo-Saxon’ migrations.

doi: 10.1038/s41586-022-05247-2

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度