Research press release

健康:COVID-19の長期的影響のマッピング

Nature

Health: Mapping the long-term effects of COVID-19

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の初期重症度が高くなったことは、より長期的な合併症のリスクの上昇と医療資源の利用率上昇と相関していることを示唆した論文が、今週Nature に掲載される。今回の研究は、COVID-19の急性期から回復した米国退役軍人保健局のシステムの8万7000人以上の利用者が回復後の6か月間に経験した症状を詳細に記述しており、患者のケア戦略の策定と保健医療制度の計画に役立つ可能性がある。

COVID-19の急性症状の特徴は十分に明らかになっているが、重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)感染症の長期合併症は、それほど明らかになっていない。今回の研究で、Ziyad Al-Alyたちの研究チームは、米国退役軍人省の医療データベースのデータを用いて、COVID-19の急性期から回復した患者(入院しなかった患者7万3435例と入院した患者1万3654例)の回復時から6か月後までの診断、投薬、臨床検査結果を調べた。

Al-Alyたちは、COVID-19患者(入院しなかった者、入院した者、入院して集中治療室に収容された者)の転帰を比較して、右肩上がりのリスク勾配が存在していることを明らかにした。つまり、最も重症化した患者は、後に、COVID関連の健康上の問題がさらに生じるリスクが最も高かった。

また、発症後30日を経過したCOVID-19患者全員が、COVID-19未発症で未入院の退役軍人保健局のシステムの利用者(約500万人)と比べて死亡リスクが高く、追加で生じた健康上の問題のために医療支援を必要とする可能性も高いことが明らかになった。こうした症状には、呼吸器疾患、神経系疾患、精神疾患、代謝疾患、心血管疾患、倦怠感、疲労、筋骨格系疼痛と貧血が含まれていた。また、長期にわたる症状を経験している患者は、抗うつ薬、(不安を軽減するための)抗不安薬、鎮痛薬などの各種薬剤の使用量も増えていた。

今回の研究ではCOVID-19を発症した患者がその後発症する症状を特定できたが、Al-Alyたちは、これらの症状がCOVID-19の直接的な影響なのか間接的な影響なのかは判断できないと指摘している。

Increased initial severity of COVID-19 correlates with an increased risk of longer-term complications and an increased use of health-care resources, suggests a Nature study publishing this week. The research, which provides a detailed description of the symptoms experienced up to six months later by over 87,000 users of the Veterans Health Administration in the United States who have recovered from the acute phase of COVID-19, could aid in the development of care strategies and health-system planning.

The acute symptoms of COVID-19 are well-characterized, but less is known about the long-term complications of infection with SARS-CoV-2. In this study, Ziyad Al-Aly and colleagues used data from the US Department of Veterans Affairs health-care databases to examine diagnoses, medication use and laboratory test results from 73,435 non-hospitalized and 13,654 hospitalized individuals up to 6 months after they had recovered from the acute phase of COVID-19.

The authors compared the outcomes of patients with COVID-19 who were non-hospitalized, hospitalized, or hospitalized and admitted to intensive care, and found an increasing risk gradient: those who had experienced the most severe forms of the disease were at greatest risk of additional COVID-related health issues at a later stage.

In addition, after the first 30 days of illness, all of the individuals with COVID-19 were found to have a higher risk of death and were more likely to require medical assistance for additional problems than nearly 5 million users of the Veterans Health Administration system who did not have COVID-19 and were not hospitalized. These included respiratory conditions, nervous system disorders, mental health problems, metabolic and cardiovascular disorders, malaise, fatigue, musculoskeletal pain and anaemia. Individuals experiencing long-term symptoms also showed an increased use of various medications, including antidepressants, anxiolytics (to reduce anxiety) and pain medications.

The authors note that although their study identifies the conditions that patients developed following COVID-19, they cannot determine whether these are direct or indirect effects of the disease.

After the embargo ends, the full paper will be available at: https://www.nature.com/articles/s41586-021-03553-9

doi: 10.1038/s41586-021-03553-9

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度