Research press release

古生物学:遠縁の関係にある2種の穴掘り哺乳類が発見された

Nature

Palaeontology: Distantly related diggers discovered

中国北東部の前期白亜紀の熱河生物相から発見された、哺乳類の祖先である哺乳形類の2種の化石について記述した論文が、Nature に掲載される。これら2種は、遠縁の関係にあるが、収斂進化を示す穴掘り生活様式の特徴を複数有しており、この生態系で初めて発見されたスクラッチディガー(引っかき掘りをする穿孔哺乳類)となった。

今回、Jin Meng、Fangyuan Maoたちの研究チームは、前期白亜紀(約1億4500万~1億年前)の、遠縁の関係にある2種の動物の化石について報告している。第1の化石は、遼寧省の九仏堂累層から出土したトリティロドン類(哺乳類様爬虫類)の一種で、熱河生物相では初めて特定された。その体長は316ミリメートルで、Fosiomanus sinensisと命名された。第2の化石は、正三錐歯目(有胎盤哺乳類と有袋類の現生種と遠縁の関係にある動物種)の一種で、熱河生物相では一般的に見られ、Jueconodon cheniと命名された。この動物種は、遼寧省の義県累層で発見され、体長は183ミリメートルでFosiomanusより小さかった。

穴を掘る生活様式に適応した哺乳類は、穴掘りのための特殊な特徴があることで識別される。Mengたちは、FosiomanusとJueconodonが、遠縁の関係にあるにもかかわらず、こうした特殊な特徴を共に持っていたことを見いだした。例えば、この2種は、共に前肢より後肢が短く、短い尾と強靭な爪のある幅広の前肢を持っており、胸椎の数も多かった。Mengたちは、この2種に共通する特徴は、同じような選択圧の下で独立に進化したと結論付けている。

Two fossil mammaliamorph species — which are predecessors to mammals — from the Early Cretaceous Jehol Biota of northeastern China are described in a paper published online in Nature. Despite being distantly related, the species show convergent features for a digging lifestyle and represent the first scratch-diggers to be discovered from this ecosystem.

Jin Meng and colleagues describe the fossils of two distantly related species from the Early Cretaceous epoch — approximately 145 to 100 million years ago. The first, a tritylodont (a mammal-like reptile) named Fossiomanus sinensis from the Jiufotang Formation of Liaoning province, was 316 mm long and represents the first of its kind to be identified in this biota. The other, named Jueconodon cheni, is a eutriconodontan (a distant cousin of modern placental mammals and marsupials), which were common in the biota. This species, found in the Yixian Formation of Liaoning province, was smaller than Fossiomanus at 183 mm in length.

Mammals that are adapted to a burrowing lifestyle can be recognized by specialized features for digging and the authors found that, despite their distant relationship, Fossiomanus and Jueconodon displayed some of these similar features. For example, both species had shorter hind limbs compared to their forelimbs, a short tail and broad forelimbs with robust claws. They also have increased numbers of thoracic vertebrae. The authors conclude that the features shared by these two species evolved independently under similar selective pressures.

After the embargo ends, the full paper will be available at: https://www.nature.com/articles/s41586-021-03433-2

doi: 10.1038/s41586-021-03433-2

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度