Research press release

医学研究:クロロキンとヒドロキシクロロキンの抗ウイルス活性の評価

Nature

Medical research: Assessing the antiviral activity of chloroquine and hydroxychloroquine

クロロキンとヒドロキシクロロキンは、マカクザルやヒト肺細胞に感染したSARS-CoV-2に対して顕著な抗ウイルス効果を示さないことを明らかにした2編の論文が、Nature (オンライン版)に掲載された。

ヒドロキシクロロキンとクロロキンは、マラリアの治療に一般的に使用される薬剤で、80件を超える登録臨床試験でCOVID-19を治療する可能性についての調査が行われてきた。この2種類の薬剤は、培養細胞のSARS-CoV-2感染を阻害することが示されているが、COVID-19患者の治療有効性に関しては議論が続いている。

今回、Roger Le Grandたちの研究チームは、ヒトのSARS-CoV-2感染の非ヒト霊長類モデルであるカニクイザルにおけるヒドロキシクロロキン治療の効果を調べた。ヒドロキシクロロキンは、どのような治療開始のタイミング(感染前、感染直後または感染からかなりの時間を経過した時点)でも、十分な抗ウイルス活性を示さなかった。また、ヒドロキシクロロキンと抗生物質アジスロマイシンを併用した場合にもマカクザルのウイルス量に対する顕著な効果は認められなかった。

一方、Stefan Pohlmannたちの研究では、クロロキンがヒト肺細胞に感染したSARS-CoV-2に対して抗ウイルス活性を有しないことが分かった。Pohlmannたちは、これまでの実験でクロロキンの有効性を実証するために用いられた細胞には、肺細胞に通常存在していてSARS-CoV-2のヒト肺細胞への侵入を容易にする酵素がなかったと説明している。Pohlmannたちは、SARS-CoV-2に対する薬物の活性を評価する研究において、肺組織を模倣した細胞株を使用することの重要性を強調している。

この2つの研究結果をまとめると、COVID-19患者の治療にヒドロキシクロロキンとクロロキンを使用することは支持されないということになる。

Chloroquine and hydroxychloroquine show no notable antiviral effect against infections with SARS-CoV-2 in macaques or human lung cells according to two studies published online in Nature.

Hydroxychloroquine and chloroquine — drugs that are commonly used for the treatment of malaria — have been investigated for their potential to treat COVID-19 in more than 80 registered clinical trials. They have been shown to inhibit SARS-CoV-2 infection in cell cultures, but their effectiveness for the treatment of patients with COVID-19 has been debated.

Roger Le Grand and colleagues investigated the effects of hydroxychloroquine treatment in cynomolgus macaques, a non-human primate model of SARS-CoV-2 infection in humans. Hydroxychloroquine showed no substantial antiviral activity, regardless of the timing of treatment initiation, either before infection, soon after infection or late after infection. In addition, using this antimalarial drug in combination with azithromycin, an antibiotic, had no notable effect on virus levels in the macaques either.

In a separate study, Stefan Pöhlmann and colleagues found that chloroquine has no antiviral activity against SARS-CoV-2 in human lung cells. They explain that in previous experiments, the cells that were used to demonstrate a positive effect for chloroquine did not have an enzyme, which is normally present in lung cells, that facilitates the entry of SARS-CoV-2 into human lung cells. The authors emphasize the importance of using cell lines that mimic lung tissue in studies that assess the activity of drugs against SARS-CoV-2.

Together, these results do not support the use of hydroxychloroquine and chloroquine for the treatment of patients with COVID-19.

doi: 10.1038/s41586-020-2575-3

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度