Research press release

考古学:ヒトが早くから北米大陸に到達していたことを示す証拠

Nature

Archaeology: Evidence for the early arrival of humans in North America

ヒトが3万年前から北米に住んでいたことを明らかにした2編の論文が、今週、Nature に掲載される。これら2つの研究は、アメリカ大陸への居住というかなり議論のある論点を解明するための手掛かりをもたらしており、アメリカ大陸でのヒトの歴史が、これまで考えられていたよりもずっと以前までさかのぼることを暗示している。

ヒトがアメリカ大陸に到達したことは、地球上でヒトの居住域が大きく広がったことを意味する。従来の学説では、ヒトが初めてアメリカ大陸に到達したのは約1万3000年前で、特徴的な石器で知られるクローヴィス文化に関連していたとされる。しかし、アメリカ大陸への移住の時期とパターンは、議論の的になっている。

Ciprian Ardeleanたちの論文では、メキシコ中部のサカテカスの洞窟での石器、植物遺物、環境DNAなどの発掘結果が記述されている。これらの発掘知見は、年代を示す証拠と合わせて、この高地の洞窟に約3万~1万3000年前にヒトが居住していたことを示唆している。Lorena Becerra-ValdiviaとThomas Highamの論文では、北米とベーリンジア(過去にロシアと米国をつないでいた地域)の遺跡42か所の放射性炭素年代測定とルミネセンス年代測定の結果を用いて、ヒトの分散パターンが決定された。彼らが作成した統計モデルから、クローヴィス文化以前にヒトが存在していたことを示すロバストなシグナルが明らかになり、その年代が、遅くとも最終氷期極大期(約2万6000~1万9000年前)とその直後であることが分かった。

以上の研究結果は、北米には、これまで考えられていたよりもずっと早い時期(最終氷期極大期よりも前の可能性もある)から、少なくともわずかな移住者がいたことを暗示している。この知見は、ヒトがアジアからベーリンジア経由で初めて北米に入り、南に向かって移動して、クローヴィス文化を発展させたというシナリオとは整合性がない。新たに年代決定されたのはクローヴィス文化以前であり、これはヒトが初めてアメリカ大陸に入ったのが太平洋岸沿いの経路だったことを示唆している。

Humans were living in North America as far back as 30,000 years ago, according to research published in this week’s Nature. Two studies shed light on the much-disputed populating of the Americas, and hint that the continent’s human history goes back further than was previously thought.

The arrival of humans to the Americas marks a major expansion of humans across the planet. The traditional view was that humans first arrived there around 13,000 years ago, and were associated with the Clovis culture (known for its distinctive stone tools). However, the timing and pattern of migration into the Americas remains controversial.

Ciprian Ardelean and colleagues describe the results of excavations at a cave in Zacatecas, central Mexico, including stone tools, plant remains and environmental DNA. Along with dating evidence, their findings suggest that the high-altitude cave was occupied by people between about 30,000 years and 13,000 years ago. In a second study, Lorena Becerra-Valdivia and Thomas Higham used radiocarbon and luminescence ages from 42 archaeological sites in North America and Beringia (a region that historically joined Russia and America) to determine patterns of human dispersal. They produce a statistical model that reveals a robust signal of a pre-Clovis human presence, dating to at least the Last Glacial Maximum (about 26,000–19,000 years ago) and immediately after.

These studies hint that North America was at least thinly populated from a much earlier date than previously suggested—possibly before the Last Glacial Maximum. The findings do not neatly fit with a scenario in which humans first entered North America from Asia via Beringia, before heading south and developing the Clovis culture. The new dates are pre-Clovis, and suggest that humans may have first entered the continent via a route along the Pacific Coast.

doi: 10.1038/s41586-020-2509-0

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度