Research press release

考古学:マヤ文明最古の儀式用建造物が発見される

Nature

Archaeology: Earliest Mayan ceremonial structure revealed

マヤ文明によるモニュメンタル建造物(記念碑的建造物)として最大かつ最古のものが発見されたことを報告する論文が、今週、Nature に掲載される。

マヤ文明は、先古典期中論文著者前1000~紀元前350年)に小さな村が次々と出現して以降、徐々に発展していったというモデルが考古学者によって提示されていた。しかし最近、紀元前950年頃のものとされるグアテマラ・セイバルの人工的な高台のような初期の儀式用複合施設が発見され、このモデルは再考を迫られている。

猪俣健(いのまた・たけし)たちの研究チームは、タバスコ(メキシコ)でLIDARを用いた航空探査を行い、これまで知られていなかったマヤ遺跡を発見した。LIDARとは、レーザー光を用いたリモートセンシング法で、地表の3Dマップを作成できる。アグアダ・フェニックスと命名されたこの遺跡には、南北1413メートル、東西399メートルの高台がある。この建造物は、周りよりも10~15メートル高く、9つの土手道が周辺に伸びていた。猪俣たちは、放射性炭素年代測定法を用いて、この建造物が紀元前1000~紀元前800年に建設されたと推定しており、これまでにマヤ地域で発見された最古のモニュメンタル建造物となった。

猪俣たちは、アグアダ・フェニックス遺跡がほぼ同時代のオルメック文化などの他の考古遺跡とは異なり、顕著な社会的不平等を明確に示す標識(例えば、地位の高い人物の彫像)がない点を指摘し、アグアダ・フェニックスなどの儀式用複合施設が、マヤ文明の初期の発展段階における共同作業の重要性を示唆していると結論付けている。

The discovery of the earliest and largest known monumental structure built by the Maya civilization to date is reported in a Nature paper this week.

Archaeologists thought that the Maya civilization developed gradually, with small villages emerging during the Middle Preclassic period (1,000–350 BC). However, the recent discovery of early ceremonial centres, such as an artificial plateau at Ceibal dated to 950 BC, challenge this model.

By conducting an airborne survey using LIDAR, a remote sensing method using lasers that creates a 3D map of the surface below, Takeshi Inomata and colleagues discovered a previously unknown Maya site in Tabasco, Mexico. The site, called Aguada Fénix, consists of an elevated platform measuring 1,413 metres north to south and 399 metres east to west. The construction is 10–15 metres above the surrounding area with 9 causeways extending from the platform. Using radiocarbon dating, the authors estimate the structure was built between 1,000 and 800 BC, which makes it the oldest monumental structure found in the Maya area so far.

The authors note that unlike some other archaeological sites from around the same period (from the Olmec culture) Aguada Fénix does not have any clear indicators of marked social inequality, such as sculptures of high-status individuals. They conclude that ceremonial complexes, such as Aguada Fénix, suggest the importance of communal work in the initial development of the Maya civilization.

doi: 10.1038/s41586-020-2343-4

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度