Research press release

古生物学:スピノサウルスは泳ぎが上手だった

Nature

Palaeontology: Spinosaurs did swimmingly well

スピノサウルスという恐竜の分類群は、他の非鳥類型恐竜とは異なり、水中での生活に十分適していたとする考えを示したNizar Ibrahimたちの論文が、Nature に掲載される。この学説は、保存状態の良好なスピノサウルス(Spinosaurus aegyptiacus)の尾部化石の分析に基づいている。

スピノサウルスは、かつて繁栄した大型の捕食性恐竜の分類群で、5000万年にわたる化石記録が存在する。このIbrahimたちの論文には、モロッコ南東部にある9500万年前のケムケム地層で発見された亜成体のスピノサウルスのほぼ完全な尾部が記述されている。スピノサウルスに関しては、これまで不完全な化石だけが解明の手掛かりだった。また、これまで発見された唯一の関連化石標本は、第二次世界大戦中に破壊されてしまった。これに対して、Ibrahimたちが分析した化石は、アフリカ大陸でこれまで発見された中で最も完全な白亜紀の獣脚類の骨格化石である。

この化石からは、スピノサウルスが一連の非常に長い神経棘によって形成された独特な形状の柔軟な尾を持っていたことが明らかになった。そして、モデル研究によって、この水かきのような尾が、柔軟性を備え、左右に動いて推力を生み出せることや、スピノサウルスが現代のクロコダイルと同じような方法で水中を移動していたことが示唆された。スピノサウルスが水中で生活していたという考えは決して新しいものではなく、スピノサウルスは、水中を歩き回り、海岸近くで魚を捕まえていたことが、以前の研究によって示唆されている。しかし、特殊化した尾が生み出す推力による移動を示す新しい証拠が明らかになったことで、スピノサウルスが水中で獲物を探していたことが暗示された。

A group of dinosaurs called spinosaurs were well-suited to life in the water, unlike other non-avian dinosaurs. This suggestion is based on the analysis of a well-preserved fossil tail of Spinosaurus aegyptiacus, published in Nature this week.

Spinosaurs were a successful group of large predatory dinosaurs, with a fossil record that spans over 50 million years. Nizar Ibrahim and colleagues describe an almost complete tail from a subadult Spinosaurus found in the 95-million-year-old Kem Kem beds in south-eastern Morocco. Previously, Spinosaurus was known only from incomplete fossils; the only other associated specimen to be discovered was destroyed during World War II. By contrast, the fossil analysed by Ibrahim and colleagues is the most complete skeleton of a Cretaceous theropod yet found in mainland Africa.

The fossil reveals that Spinosaurus had a flexible tail with a unique shape formed by a series of extremely tall neural spines. Modelling studies suggest that the paddle-like tail would have been flexible and able to move laterally to create thrust, propelling the dinosaur through the water in a manner similar to that of modern crocodiles. The idea that spinosaurs took to the water is not new. Previous studies had suggested that they may have been waders that fished from close to shore. However, this new evidence of specialised tail-propelled locomotion implies the spinosaurs were aquatic animals that may have hunted for prey in the water.

doi: 10.1038/s41586-020-2190-3

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度